玄米より栄養あり!ファンケルの発芽玄米で体調を整えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

57_発芽玄米_re

岩手県で実家暮らしをしている34歳です。10代後半から20代半ばまでは東京で一人暮らしをしながら働いていましたが、体調を崩し帰郷。その後難病を発症していたことがわかりました。無理が効かない体なので、日々をどうやって過ごすか試行錯誤の毎日です。

病気で疲れやすく取れにくい体質に

東京にいる頃は、毎日にように自分の体が思い通りにならないことに悩んでいました。自己管理が悪いのか、食生活に問題があるのかとずっと悩んでいましたが、ようやく原因がわかり、ほっとしたことを覚えています。人より疲れやすくまた疲れが取れにくいことや、無理をすると炎症が起きることなど、症状をしっかり把握するよう努めました。それによって日ごろから気を付けて、自分の出来る範囲を知ることができるようになってきました。

それでも時には体調が大きく崩れる時があります。その時に寝込まないよう、日々の食事に気を使い、栄養のバランスをしっかり摂るように気をつけています。今は対応の仕方もわかってきて、毎日体調に気をつけながら生活できるようになりました。

一番吸収率の良い朝食に生野菜から食べて、水分と酵素を補給

3食の中で一番しっかり摂るべきなのが朝食です。胃が空の状態になっている朝に取り入れたものは、一番吸収しやすいからだそうです。食べ方は、まず生野菜を食べます。それで眠っている間に失った水分を補給し、酵素や食物繊維も摂ります。それから白米と玄米をブレンドしたもの、具だくさんの豆腐入り味噌汁を食べるようにしています。主菜はお肉、お魚、卵のどれかにし、栄養素がとても豊富だというブロッコリーもできるだけ食べます。

また、だいこんには炎症を抑える働きがあるので、サラダにして食べるように心がけています。果物も酵素やクエン酸がたっぷりなので、バナナ、リンゴ、季節のフルーツをデザート代わりに食べています。

発芽玄米は白米や玄米より栄養価が高いと聞いて

今使用している玄米は、ファンケルの発芽玄米です。以前他の商品で試した時は、どうしても柔らかく炊けなかったので断念したのですが、ファンケルの発芽玄米ならそんなことはありません。栄養バランスが優れていて、しかも玄米より消化が良くなっています。

発芽玄米とは、玄米を少しだけ発芽させたものです。玄米は糠に覆われていて炊きづらいのですが、発芽させることで糠が柔らかくなります。さらに酵素の活性化や栄養素の増加などの発芽に伴う作用によって、普通の玄米以上に栄養価が高まるのだそうです。

また、えがおの黒酢のサプリも毎日摂取しています。黒酢は普通の酢に比べてアミノ酸の量が多く、必須アミノ酸には体脂肪や疲労物質を燃焼させる働きがあります。また、血流を改善したり、免疫力を高める作用もあると聞き、必ず摂るようにしています。

発芽玄米は栄養バランスがよく、疲労回復や美肌効果も

白米にもビタミンB群・E、カルシウム、鉄分、食物繊維などが含まれていますが、その量は微量で主にエネルギー源にしかなりません。発芽玄米なら栄養バランスがよいので基礎代謝がアップし、中性脂肪を抑制します。また、ギャバという発芽玄米にだけ含まれる成分はストレスを軽減する働きがあるといわれ、うつ病の食餌療法でも使われているそうです。ビタミンB群が多いので美肌効果もあります。

その他、食物繊維、カルシウム、カリウム等も豊富に含まれていますので、肌荒れ、疲労回復、便秘解消などにもつながると思います。体調不良の主な原因は栄養素のバランスの乱れです。玄米は昔から一汁一菜でも健康でいられるとされているほど栄養価が高いので、無理に30品目摂る必要はないそうです。これからも発芽玄米を食べて、体調の維持に努めたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加