男女問わずメリットあり!『ハツ』に含まれる豊富な栄養素とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

213_鶏ハツ_re

焼き鳥などのメニューで、度々登場する『ハツ』。家庭の食事に登場することは、ほとんどありませんが、実は炒めものや煮込み料理などにも最適な食材です。さらに注目すべきなのは、そこに含まれている栄養素。二日酔い防止からシミやシワの防止まで、男女問わず嬉しい効果が期待できそうな成分がいっぱいなのです。

体脂肪を蓄積させないナイアシン

摂取した炭水化物や脂質、糖質は、体内脂肪を蓄積させないためにも、できれば早くエネルギーに変換したいもの。そのエネルギー変換をサポートするのが、ハツに含まれている“ナイアシン”です。また、二日酔いによる頭痛や吐き気の原因“アセトアルデヒド”の分解もお手伝い。特に断りにくいお酒の席でも、おつまみに“ハツ”さえ選べば、楽しい時間を過ごせるかもしれませんね。

パントテン酸がビタミンCのはたらきをサポート

ハツに含まれている“パントテン酸”は、“ビタミンC”のはたらきを促進させる成分。ニキビや肌荒れなどの改善や、健康な肌づくりに大きく役立っています。ただ万が一、不足すると手足のしびれや頭痛、疲労感の症状が現れることも。特に妊娠中の方や授乳中の方は消費しやすいので、意識して摂取したい栄養素です。

『美容のビタミン』ビタミンB2も!

『美容のビタミン』と呼ばれるビタミンB2も、ハツには含まれています。主にたんぱく質の合成に関わっているビタミンB2は、つややかな髪や爪などを作るお手伝い。さらに粘膜を保護するはたらきもあるので、積極的に摂取すれば、潤いある目や唇を手に入れることだってできるのです。

ビタミンKで強い骨づくりをサポート

年齢とともにもろくなってしまうのが、骨や歯。健康であるためには、何よりこの二つを丈夫に保つ必要がありますよね。そこで必要なのが、ハツにも含まれている“ビタミンK”です。実は、摂取したカルシウムが骨と結びつくのをサポートしているのが、ビタミンK。つまり、骨や歯を丈夫に保つためには、カルシウムと共にビタミンKを摂取することが不可欠なのです。さらに、体内でも骨の中のカルシウムの排出防止に貢献しているのも、ビタミンKなのです。

ビタミンAで目に健康を!

『目のビタミン』とも呼ばれるビタミンA。視覚機能に大きな影響を与え、不足すると『夜盲症』や乾燥による『眼炎』などを引き起こしてしまうことも。ハツにも含まれているこのビタミンAは、視覚機能はもちろん、皮膚を健康に保つためにも欠かせない栄養素です。粘膜保護の作用もあり、目だけでなく、鼻やのど、消化器などの健康維持にも役立っています。

ハツは万能食材!

ハツといえば、焼き鳥ですよね。しかし、炒めものにも最適で、ニンニクやショウガと炒めるだけでも、美味しい一品が完成します。さらに煮込み料理との相性も抜群。味をしみこませることによって、独特のクセが消え、より食べやすい料理が出来上がります。他にもから揚げにも利用できるなど、ハツは万能食材。自分の好きな料理に摂り入れて、新しい発見を楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加