生活習慣病の予防やダイエットに最適!はたはたの栄養素とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

176_はたはた_re

はたはたは体に良い栄養素が豊富で低カロリー食

はたはたには、コレステロールを低下させ動脈硬化の予防効果があるDHAやEPAが豊富に含まれています。さらにビタミンAやビタミンEもたくさん含まれているので、老化防止や生活習慣病が気になる方にはお勧めの食材です。青魚に多いDHAやEPAが、低カロリーでありながら同じくらいの量が含まれているヘルシーな食材なのです。

DHA:コレステロール低下、脳細胞を活性化させる

はたはたに含まれるDHAという成分は、脳細胞を活性化させることで知られている栄養素です。脳神経組織の働きを活発にし、記憶力や学習能力を高める効果が期待されているので、特に頭を使う仕事や中高年以降の年代の方は、積極的に取り入れたい栄養素です。その他に、コレステロールを低下させる効果や、アレルギー症状を改善する効果もあります。

EPA:コレステロール低下、血栓の予防

はたはたに含まれるEPAという成分には、コレステロールを減少させたり抗血栓作用があり、その効果はDHAよりも優れているといわれます。血液をサラサラにするので、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を改善する働きがあり、特に中高年以降はたくさん摂りたい栄養素です。その他にアレルギーの症状を緩和する働きもあります。

ビタミンA:抗酸化作用、目や皮膚を保護する

はたはたにはビタミンAが豊富に含まれています。強い抗酸化作用を持つビタミンで、生活習慣病の予防などに効果を発揮します。また肌や目の粘膜に作用し、皮膚を保護したり眼精疲労を改善する働きがあります。風邪などの感染症への抵抗力もつき、視力の低下を防ぐ働きや、夜盲症の改善などにも効果を発揮する栄養素です。

マグネシウム:心臓病を予防する、筋肉の動きを円滑にする

はたはたに含まれるマグネシウムは、体内の300種類ほどある酵素の働きを助ける働きをしています。筋肉の動きを円滑にし、心臓の動きをなめらかにする働きがあるので、心臓病などの予防に効果が期待される成分です。また、カルシウムとともに摂取することで骨を丈夫にし、骨粗鬆症の予防に効果があります。

ビタミンE:抗酸化作用、老化予防

はたはたに含まれるビタミンEは、強い抗酸化作用がある栄養素です。活性酸素を除去する効果があるので、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの予防効果が期待されます。特に生活習慣病が気になる中高年以降の方は、積極的に取り入れたい栄養素です。肌を老化させる原因になる活性酸素を除去する効果は抜群で、そのためビタミンEは「若返りのビタミン」といわれています。

はたはたを使った主な料理

はたはたを使用した主な料理は、しょっつる鍋やハタハタ寿司、ハタハタ汁、なれずし、天ぷら、塩焼きなどがあります。うろこがない使いやすい食材で、脂肪分が少ないヘルシーな白身魚です。甘みがあり美味しい出汁がでるので、特に鍋や汁ものにすると絶品です。産卵期にはブリコと呼ばれる卵を持っており、粘りがあるプチプチとした食感はやみつきになりますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加