ハスカップで疲労回復と病気予防で健康な体に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

157_ハスカップ_re

ハスカップには眼精疲労や疲労回復など疲れを癒してくれる栄養素が多い!

ハスカップは日本では主に北海道で栽培されている果物です。古くから幻の果実や不老長寿の秘薬と謳われるほど栄養価に富んでいます。その収穫時期はわずか夏の3週間だけで、さらに収穫される量も他の果物に比べてそれほど多くはないため、貴重な果物です。酸味が強く苦味もあるため、砂糖と混ぜてジャムとして食べることが多いですね。

アントシアニン:眼精疲労、視力低下の抑制

紫色の色素がアントシアニンです。色や形が似ているブルーベリーにも同じく含まれていますが、ハスカップの方がより多く含まれています。目の網膜にあるロドプシンという目が見えるために重要な色素を再合成させることによって、目の疲れを癒し視力を良くしてくれるのです。目のためにはとても大切な栄養素ですね。

クエン酸:疲労回復、血流改善

クエン酸には運動した後やストレスを感じたときに生施され、体内に溜まっていく疲労物質を排出する働きがあります。疲労物質は筋肉痛にもつながるので、運動後にハスカップを食べて予防できますね。また、血液をサラサラにして血流を良くしてくれる働きもあるので、これにより新陳代謝が促され、疲労回復や色々な病気を予防してくれると期待されています。

カルシウム:骨や歯を丈夫にする、筋肉の収縮

ハスカップは他の果物よりも豊富にカルシウムを含んでいるのが特徴です。カルシウムは骨や歯に多く含まれる成分なので丈夫にしてくれます。また、筋肉細胞を滑らかに動かす働きを持っているため、普段から運動をする人にとっては筋肉を最大限に使うためにもしっかりと摂取することが重要といえるでしょう。

食物繊維:病気予防など

体内の有害物質や糖質、コレステロールなどの細胞への吸収を阻害し、それらを体外に排出する役割を担っています。その結果、それら有害物質などが原因で起こるガンや糖尿病、動脈硬化などの病気を予防してくれるのです。ハスカップを食べてしっかり病気予防をしていつまでも健康な体を手に入れたいですね。

ビタミンC:免疫力向上

ビタミンCはよく知られている美肌効果の他にも免疫力向上効果があります。体内でウイルスを除去してくれる物質に働きかけ、風邪に対する免疫力を強めてくれるので、風邪予防に最適といわれています。熱に弱く火を通すと損なわれてしまうため、まさにハスカップなど生で食べられる果物などから摂ると良いでしょう。

ハスカップを使った主な料理

主な料理はジャムにしてパンやヨーグルトにのせたり、ジュースやお菓子にします。また塩漬けや、ソースやドレッシングとして料理にかけても良いでしょう。特にジュースは温めても冷めても飲めるので重宝しますね。ハスカップは酸味が強いものが多く、生は保存が難しいので砂糖や塩などで加工してしまいます。冷凍保存もできるので便利ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加