一度食べたらクセになる!焼き肉でおなじみの『ハラミ』はホルモンだった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

192_ハラミ_re

焼き肉屋で見かけることも多いメニュー『ハラミ』。肉と勘違いして食べている人もいるかもしれませんが、この部位はれっきとした内臓です。ただ、ホルモン特有のクセもなく、その見かけも味もほとんど肉と同じ。焼き肉だけでなく、肉料理や煮込み料理にもよく使われている一方で、栄養価が高いことでも知られています。

ハラミに含まれている『カリウム』は、体内のナトリウム量(塩分量)を調整し、細胞の健康維持に努めている成分。特に血圧が高めの方にはぜひ摂取して欲しい栄養素です。また、夏などの暑い時期には、大量の汗とともに体内のナトリウムの量も失われがち。不足すると高血圧はもちろん、むくみの原因になってしまうので、意識して摂取することが必要です。

ほとんどの体内酵素はマンガンが原料だった!?

骨の形成に関わる成分『マンガン』も、ハラミに含まれている栄養素のひとつです。また、さまざまな酵素の構成成分として、体内のあらゆる場所に存在するマンガン。脂肪や糖分の代謝など、摂取した栄養分を素早くエネルギーに変換し、体内の新陳代謝の促進に貢献しています。

高い抗酸化作用を持つ『ビタミンE』は、若返りのビタミン!

高い抗酸化作用を持つ『ビタミンE』も、ハラミに含まれている成分です。体内の細胞の酸化(老化)を防ぐので、時には“若返りのビタミン”と呼ばれることもあるほど。特に動脈硬化の原因となり得る血液中の悪玉コレステロールの生成を抑えることができるので、生活習慣病が気になる方は、意識して摂取して欲しい栄養素です。

『ビタミンK』で強い骨づくりをサポート

カルシウムとの相乗作用により、丈夫な骨を作りあげる『ビタミンK』もハラミに含まれている栄養素です。年齢とともに、骨はもろくなりがち。カルシウムだけを摂取しても、それを定着させるビタミンKなしでは、強い骨づくりは出来ません。また、骨からカルシウムの流出を防ぐのもビタミンKの役割です。さらに血液を固める因子に関与しているビタミンKには、止血効果も。特に鼻血が出やすい方なら、積極的に摂取したい成分です。

皮膚トラブルを緩和する!?『ビオチン』

ハラミには、肌に良い影響を与えることでも有名な成分『ビオチン』が含まれています。時には皮膚トラブル解消の治療法として利用されるほど、ビオチンの効果は実証済み。またビオチンは、摂取した糖分からすばやくエネルギーを作り出すので、疲労感や倦怠感の緩和にも効果が期待されています。

焼き肉だけじゃない!ハラミ利用法

焼き肉の材料として利用されることの多いハラミ。北海道や東北地方では“サガリ”の愛称で親しまれているようです。カルビやロースなどと比べ、お手頃な値段で手に入るのも魅力的。さらに脂肪分が少ないのでヘルシーなのも嬉しいですよね。このハラミは煮込み料理にも最適な食材。また、クセが気にならないので、野菜やきのこ類などとともに炒めても美味しくいただけますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加