ハムは疲労回復や抵抗力を高める働きに期待出来る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

64_ハム_re

ハムの栄養素は体の活力を上昇させる効果が高い

ハムは手軽に入手出来る食材であり、朝食等で目玉焼きと一緒に焼いたりサンドイッチ等でも頻繁に活用されるものです。調理もしやすいものであり、健康面ではタンパク質やビタミンB1.B2の摂取により、体の成長を促したり疲労回復効果や風邪を避けるように抵抗力を高めてくれる働きもあります。体作りや活動的に動く為の原動力として活用出来る食材です。

ビタミンC:抗酸化や抗炎症効果

ハムにはビタミンが含まれており、ビタミンCには老化を招く活性酸素を除去する働きがあり抗酸化作用があります。他にも抗炎症作用も高く腫れものを緩和する働きもあり、肌の弾力を保ったり紫外線からの抵抗を付ける時にも役に立っている成分です。過剰摂取するとお腹が緩くなる等の効果もありますが、尿として排泄されます。

ビタミンB1:エネルギー代謝上昇や集中力アップ

ハムに含まれるビタミンB1は運動のエネルギー源になっている炭水化物の代謝を行う際に必要な栄養素です。不足すれば疲労を感じやすくなり、脳や神経のエネルギーにもなっていますから集中力が低下する要因にもなりますし、イライラを誘発させる事にも繋がりますから、精神を保って活動する時に必要な成分です。過剰摂取した時には水溶性ビタミンで尿として排泄されますが、負担がかかりますから適量が望ましいです。

カリウム:むくみ改善や筋収縮の正常化

ハムに含まれる成分であるカリウムには塩分を排出してむくみ改善に繋がる効果や、筋収縮の正常化を促す働きがあり神経伝達を円滑にさせる効果があります。体に水分を溜めこみやすい状態になっている人はこの成分を摂取するとむくみが取れやすくなり、過剰摂取を行うと筋肉が収縮しにくくなり、低血圧を促す事に繋がります。

ナイアシン:糖質代謝やストレス解消効果

ハムに含まれるナイアシンはビタミンB3の別名であり、糖質代謝やストレス対策に効果があり、美肌作りや心身の安定や健康に役立つ成分です。血流改善効果にも優れており、それが肌の新陳代謝アップにも繋がっています。この成分を過剰摂取すると血管拡張が起こったり肌にかゆみが発生する等の影響があります。

タンパク質:筋肉増強や血液作り

ハムに含まれるタンパク質は筋肉作りや血液作りに重要な成分であり、これが足りなくなってしまうと体の抵抗力が低下して疲労を感じやすい体になります。タンパク質には体の中で作れない必須アミノ酸が含まれており、バランス良く摂取する事によって筋力増強や血液作り等を促し丈夫な体を作る事に繋がります。

ハムを使った主な料理

サンドイッチ、焼き飯、スパゲティー等は代表的なハムを活かした料理が多いと言えます。欧州圏ではこの食材を活かした料理が非常に多くありますし、ピザ、パスタ、グラタン等に頻繁に利用されており、ビール等との相性も良くアルコールを分解する力もあるので、アルコールとの付け合わせとして効果的な料理が多いものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加