「ハイドロキノン」はシミ消しの最終兵器!慎重に使って元の美肌に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

93_しみしわ_re

シミを発見するとそれだけで憂鬱になりますよね。老化現象の一つと言われれば仕方ないけれど、できればシミのないきれいな肌でいたいもの。今、全女性の敵であるシミを消す作用があると言われる成分が注目を浴びています。それが「ハイドロキノン」です。

シミが出来る原因

シミはメラノサイトがメラニンを生成することによって発生します。メラノサイトを活性化させシミを作らせる原因はいくつか考えられますが、最も多いのが紫外線です。紫外線を浴びてメラノサイトがメラニンを作るのですが、通常は紫外線を浴びなくなるとメラノサイトの働きは止まり、皮膚の新陳代謝によって肌の状態は正常に戻ります。

ところが、紫外線のうちUVBが皮膚細胞のDNAにダメージを与え続けるとDNAが変質し、紫外線を浴びなくてもメラノサイトが活性化したままになってしまうのです。また、紫外線のUVAは皮膚の奥に入り込み、活性酸素を発生させます。すると活性酸素を除去するためにメラノサイト刺激ホルモンが分泌され、メラニンが作られてしまうのです。それ以外にも活性酸素を発生させる原因はストレスや飲酒・喫煙などがあります。

「ハイドロキノン」とは

ハイドロキノンはメラニン色素を抑制する作用がある、「肌の漂白剤」とも呼ばれている強力な薬効成分です。これまではレーザーなどでシミを剥がし取りターンオーバーを強制的に活性化することが主流でしたが、このハイドロキノンは塗るだけで同等な効果が期待できると言われています。

しかし、それだけ効果が高いということは、その分の副作用の可能性も高いことを充分認識しておきましょう。実際、数年前美白を謳った製品で肌の色素が一部抜け、白斑になってしまったトラブルが起きました。

ハイドロキノンでトラブルを避けるには

ハイドロキノンでシミを消したいなら、まずは医療機関を受診することです。通販などでも購入できますが、強い薬なので素人が間違って使うとシミを濃くする可能性もあります。ハイドロキノンは濃度と効果が正比例します。ですが刺激剤でもあるため、濃度が高いほど肌がかぶれたり炎症を起こす危険性が高まります。日本ではずっと医薬品扱いでしたが、2001年に規制が緩和され、メーカー責任で化粧品として販売が出来るようになりました。

美容化粧品の基準としては2%以内とされているのですが、実際にはそれ以上の濃度のものも市販されています。5%程度では白斑の報告はないとされていますが、濃度の高いものは自己責任で使用することになります。早くシミを消したいのであれば、自己判断ではなく皮膚科や美容皮膚科を受診して、医師と相談して処方してもらうほうが安心と言えるでしょう。

また、シミだけでなく顔全体に塗ってしまう人がいますが、ハイドロキノンはあくまでシミにスポット使いするのが基本です。白斑は、シミ以外の部分に塗ったことから起きる現象です。たとえ「肌全体に使える」と書かれていても、止めたほうが良いでしょう。さらに光や熱に弱いため、紫外線を浴びると変質し肌に刺激を与えたり、シミが濃くなってしまいます。紫外線は室内にも入って来るため、夜寝る前に塗るのが安全です。

このように慎重な使い方が必要な成分ですので、肌の弱い方は使用の前に腕の内側などでアレルギーが出ないことをよく確認してからにすることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加