肌荒れが治らない…飽きがこない納豆で症状改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

31_納豆めかぶ_re

私は川口市のマンションに住んでいる30代前半の専業主婦です。結婚3年目となる夫と二人暮らしです。ペットはいません。以前はIT関連の会社で一日中パソコンで仕事をしているOKでしたが持病の悪化により退職しました。

ある日、肌荒れがひどくなり冬の乾燥によるものかと思えば

生まれつきアレルギー体質とアトピー性皮膚炎を持っていたのですが、大学を卒業することには、すっかり影をひそめ、普通のツルツルとした肌になっており、周りの人と同じようにメイクもバッチリと出来るようになっていました。

アトピーも治るんだなあと油断し10年ほど。今の夫とお付き合いを始めたあたりです。仕事もとても忙しくなり、人間関係の環境にも変化が大きくあったからでしょうか。ストレスによるものなのか、お肌がカサカサとしてきました。

元々アレルギー体質なので、はじめはそこまで気にしていなかったのですが、みるみる全身に広がり、起き上がれないほどになってしまい、やむなく退職せざる負えない状態まで悪化してしまいました。

油をなるべく制限し、無添加、日本食に

いざ悪化してしまうと、本当につらく、いくつかの医者にかかりましたが、どこも薬を出してくれるだけでした。アレルギーやアトピーは薬で抑えることは可能だけど、それは根本的な治療になるのか?という疑問がどうしてもぬぐえません。

そこで、生活習慣と自然治癒力の改善を目標に日々の生活、とくに食生活を意識することにしました。当たり前のことですが、いろいろ調べてみると意外と難しく深いものでした。特に難しいのは、油の摂取を極力控えるということです。炒め物を蒸し物に。肉を控えて野菜に。大豆食品を中心に摂取する。そしてストレスをためないために無理をしないことを目標としました。

納豆にいい納豆。ひきわりは消化によくビタミンK2たっぷり、豆は動脈硬化に有効なポリミアンがたくさん

納豆は身体にいいというのは誰もが耳にしたことがあることです。私の中国人の友達も納豆は薬だといい、苦手ながらも頑張って食べていました。納豆は本当に身体にいいのか?あまりに漠然としているので、続けるにはどのような効果があるのか気になり調べてみました。

色々調べてみると、思った以上に良い評判がありました。ダイエット、美容などはもちろん、血管中のコレステロールを洗い流す、冷え性の改善、血圧降下、ビタミンB系の栄養がほぼ含まれており、アミノ酸とともにバランスよく摂取することができ、スタミナがつくなどなど。

その他にも、ナットウキナーゼによる虚血性疾患・脳梗塞・老人性痴呆症・血栓疾患の予防等、予防にも効果的なことがわかりました。もちろん風邪などの予防にもなります。

毎日たべても飽きない

身体によいいい納豆ですから、是非毎日食べたいものです。コストは3パック100円ちょいなのでとても経済的。でも納豆の魅力は薬味で簡単にバリエーションがつけれて飽きないところなのではないでしょうか。

私がオススメなのはポン酢です。納豆のニオイが緩和され、サラサラと食べれるところがお気に入りです。その他には、ネギは定番ですが、柚子胡椒やラー油なんかも相性が良いです。納豆オムレツや、そうめんなどに入れてみたり、料理のレシピも豊富なところがうれしいです。今のところ半年以上食べ続けていますが、全く飽きることなく、今日はどうやって食べようかな?と逆に楽しみになっているぐらいです。

もちろんお肌の状態も改善し、寝起きもよく、快便にもなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加