ジャンクフードと手を切って、野菜で肌荒れの徹底改善に成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

146_野菜_re

大阪府に住む、未だ独身の40男で、同棲中です。職人稼業なので時間が不規則で、普通のサラリーマンのように週休2日という訳にはいきません。そのためか、だんだん身体に負担がかかってきているように感じます。

ジャンクフードの日々で、肌荒れが悪化

職人というのは体力勝負です。若い頃は無茶をしても特に問題はなかったのですが、それでもニキビには悩まされていました。ところがいつの間にか治っていたので、すっかり忘れてしまっていました。それが最近になってまた復活してしまいました。同時に体力が低下し、体調不良を感じることも多くなりました。精神的にも弱ってきたのか、昔のトラウマだった人の視線がまたとても気になるようになってしまいました。

肌荒れの原因は、仕事の関係上どうしても食事が適当になりジャンクフードやコンビニお弁当で済ませていることと、睡眠時間のバラつきなどが考えられます。またニキビだった頃のクレーターも少しばかり残っており、それがまた酷く目立つようにもなってきたことが凄く気にもなりました。

野菜から食べることを中心に心がけています

さすがにこの年にジャンクフードは不健康だと考え、食事バランスを考えるようになりました。そして、普段から肌荒れ対策として野菜を中心にした食事を出来る限り摂るようになりました。例えば肉を食べる場合にも野菜から食べるようにしたり、大根の擦り下ろしたものをかけて食べるようにしたり色々と工夫を試みております。

野菜は基本的にビタミンCが豊富とのことで、お肌のケアにはとても良いと聞きました。自分が好きで食べやすいブロッコリーやピーマンなどのビタミンCが豊富な野菜を中心に、毎日必ず食べるといったことを心がけております。これ以外にもなるべく香辛料を使わないようにしたり、就寝前にはレモンを食べるように心がけたりもするようになりました。できる限り肌荒れに良いことを、普段から取り入れて行うようにしています。

ビタミンEも積極的に摂るように

またアーモンドなども肌荒れには効果的だと聞いて、仕事の合間に食べるようにしています。それまではナッツ類はニキビの原因だとばかり思っていたのですが、アーモンドにはビタミンEがたっぷり含まれているので、肌の新陳代謝を助けてくれるのだそうです。仕事中小腹が空いた時には、肌荒れに効果があってコンビニで手に入りやすいアーモンドやスルメイカなどを選ぶようにしています。

コストをかけず、野菜のビタミンで肌荒れが改善

肌荒れに悩んではいたものの、会社員のようにしょっちゅう人と接する仕事ではないため、なかなか食生活を変えることができませんでした。でも、あまりにも肌荒れがひどくなってきたので心を入れ替え、食生活を野菜に切り替えて、ビタミンを摂るようにしました。すると、不規則な生活はあまり改善することができないにも関わらず、肌の調子が良くなってきて、ずい分綺麗に改善させることができました。

コスト的にも特に高価なものを買ったわけではなく、手に入れやすい食品を選んでいたので、その点では負担は感じませんでした。ただ、それまで好き勝手な食事をしてきたので、肌荒れ改善のために、と考えながら食べるものを選ばなくてはいけないのはちょっと大変でした。でも、そのおかげで綺麗なお肌に戻ったので、努力した甲斐があったと感じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加