空気乾燥にはビタミンA!ほうれん草とバターで肌荒れ防止効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほうれん草ソテー_re

三重県で実家暮らしをしている20代後半女子です。仕事はIT系のフリーランスの為、毎日の仕事時間はかなりバラバラです。起床時間・睡眠時間なども日によってまちまちで、不規則な生活を送っています。そのせいか、最近肌荒れがひどいです。体型は痩せ形ですが、食事は必ず朝昼晩3回摂っています。

空気乾燥で肌荒れがひどく、赤くなるほどに

自室で仕事をしているのですが、ちょうどエアコンの風が直接当たる位置にデスクがあるため、風を直接浴びている状態です。そのため肌荒れがひどく、さらに炎症も多少あります。近くへの外出時でもファンデーションをしないといけない状態が続いています。

また冬はエアコンの風が温かいため、さらに顔の水分が蒸発してしまい、外に出るとピリピリします。肌の保湿状態が良ければ灼熱の地でも肌は健康を保てると聞いたので、栄養にも問題があるのかもしれません。

ほうれん草とバターには肌に良いビタミンAが豊富

肌荒れに効果があるという食材はたくさんありますが、私が特に気に入っているのがほうれん草のバターソテーです。この2つにはビタミンA(ほうれん草のカロテン、バターのレチノール)が含まれていて、乾燥を防いでくれるのだそうです。どちらも好きな食材なので、常に冷蔵庫や冷凍庫にほうれん草をストックしています。ほうれん草は一度湯がいてから冷凍したり、冷凍食材を購入しています。

ビタミンAは肌の奥から改善し、皮膚を健康にしてくれる

肌の健康を維持するといわれるビタミンAですが、特に乾燥に効くそうです。ビタミンAは皮膚細胞の働きを正常化させることで肌のターンオーバーを促進してくれます。しかも、表面の角質層だけでなく真皮にまで作用するそうです。化粧品で真皮にまで届くものはなかなかないのですが、ビタミンAを体に与えてあげることで肌の奥から改善してくれるのです。

そのほか、ビタミンAは目にも良いとされています。目の網膜にあるたんぱく質を再合成することにより、夜になっても視力が衰えなくなるそうです。パソコンを一日中使用している私は夜になると目がしょぼしょぼしたりかすんだりするので、必ず取り入れなければいけない栄養素です。

ほうれん草・バターにはビタミンAが多く含まれているため、バターソテーにすると効率よく摂取することができます。ニンジンもカロテンが豊富なので、よく入れます。彩りが良くなるのでおすすめです。なお、動物性のビタミンAは過剰に摂ると体に蓄積され、肝臓病の原因となることが指摘されています。また10gでカロリーは75kcalもあるので、使い過ぎには注意が必要です。

一石二鳥、三鳥?肌荒れ解消以外にもたくさんの効果が

最近はほうれん草とベーコンだけをバターでソテーしていましたが、最近はニンジンやコーン、キノコなどあるものをどんどん入れています。おかげで栄養のバランスも良くなり、とても健康的になりました。

肉料理などと違って、野菜料理は一種類だけで作ると何となく貧弱な気がして、どんどん他の野菜を足したり、他の食材も入れてしまいます。結果的に野菜はたっぷり、ほかの栄養素も摂れる、で良いことづくめです。さらに、肌荒れ以外にも便秘解消、体重減少、目の疲れ軽減などの効果も出てきたようで、とても満足しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加