身体のさまざまなトラブルを未然に防ぐグリチルリチン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌荒れ_re

身体のさまざまなトラブルを未然に防ぐグリチルリチン!

グリチルリチンは甘草の根に含まれている有効成分です。

この成分は身体のさまざまなトラブルを抑える消炎作用が認められているので、肌荒れなどの対策に効果があります。また殺菌作用がある事も知られているので体内の雑菌の増殖を防いで、腸や胃などを健康な状態に保つ効果が認められています。その他にも皮膚などの細胞の再生にも貢献しています。

胃や腸の安定化に貢献するグリチルリチン

グリチルリチンには胃や大腸の継続的な不調などの症状を緩和したり、予防するなどの効果が認められているので、食べ過ぎや飲みすぎなどで痛めた胃や大腸の働きを正常に戻す能力があります。

また空腹時の違和感などの症状を緩和する効果や、腸の不規則な動きなどにも緩和作用がある事が知られています。

肌荒れなどの症状の予防にグリチルリチン

グリチルリチンは肌の健康の維持やさまざまな粘膜の保護などに貢献しているので、肌荒れや口内のトラブルなどの粘膜の症状を予防することが期待出来ます。

ですので皮膚などにトラブルの多い場合や、口の中の状態が良くない場合には、それらの状態の継続的な対策としてこの成分は有用であると言えるでしょう。

甘草を炒めてグリチルリチンたくさん摂取!

グリチルリチンを多く含んだ食材である甘草を使った料理としては、豚肉やベーコンなどと一緒に炒めると、栄養素などの面でたんぱく質とこの成分を合わせて身体に採り入れることが出来るのでとても効果的です。

また鶏肉と味噌を合わせて摂取すると、多様な栄養素をバランスよく摂取することが出来ます。

甘草のハーブティーで毎日グリチルリチンを摂取

グリチルリチンを多く含んだ食材である甘草は、ハーブティーなどにすることも出来るので、そのように摂取すれば毎日安定的にこの成分を摂取することが出来ます。

また甘草は薬膳酒などにも使われていることが多いので、それらをそのまま飲んだりさまざまな料理に使用したりすると、効果的にこの成分を摂取することが可能です。

グリチルリチンの一日の摂取の上限としては300mg

グリチルリチンの一日の摂取の上限としては300mgとされています。

この量を甘草などの食材から毎日摂取するのは、ハーブティーなどを日常的に飲んでいる方や、薬膳酒などを頻繁に料理に使っている方などならこの成分の摂取はある程度出来ていると言えますが、さらに甘草を使った料理なども食べるとより効果的と言えます。

甘草からグリチルリチンを摂取して腸の健康を維持する!

グリチルリチンは甘草の根や茎などに多く含まれている成分で、甘草から抽出されて生成されます。

この成分には雑菌などを殺菌するなどの作用を持っているので、雑菌が増えることの多い身体の部位などには有効な成分と言えます。また胃や腸の健康を総合的に保護する役割も担っているので、食べ過ぎなどの場合にも効果を発揮します。ですのでそのような状態が多い方などはこまめに摂取するといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加