グルコマンナンでお手軽ダイエット!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

76_こんにゃく_re

グルコマンナンがダイエット食品として注目されるワケ

グルコマンナンという栄養成分はあまり聞きなれないかもしれませんがこんにゃくに含まれる成分です。ダイエット食品といってこんにゃくを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

こんにゃくはカロリーも少なくダイエット食品として知られていますが、それだけではなくこの成分が含まれているので便秘解消や血糖値低下に効果があるといわれているのです。

肌荒れなどの原因?といわれる便秘も解消する力

便秘になると腸からの栄養吸収がうまくいかなかったり腸内細菌のバランスが崩れたりすることで肌荒れの原因になることがあります。

グルコマンナンは水溶性中世多糖類で水分を吸収することで何十倍にも膨れます。その上、適度な粘性があり腸でも消化されないためスムーズな排便を促しやすいとされているのです。

血糖値や血中コレステロールの低下にも効果があるといわれるグルコマンナン

血糖値やコレステロール値が高くなると、将来的に考えた時に、大きな不安を抱えてしまうものです。

グルコマンナンはグルコースと同時に摂取した際、その粘性のために血糖値の上昇を抑制する効果などがあるというデータもあります。そういったリスクが気になる方にはぜひ摂取してもらいたい栄養素です。

主食の代わりにもなる?グルコマンナン

こんにゃくにも田楽やおでんといろいろな食べ方があると思います。そんな中で最近ではお米の代わりにこんにゃくを使ったりすることもできるようになりました。

毎食こんにゃくだと飽きてしまうかもしれませんが1日一食こんにゃくに変えることでうまくグルコマンナンを摂取してみてはいかがでしょうか。

デザートにもグルコマンナン

主食にこんにゃくはちょっとという方も、デザートならOKという方は多いのではないでしょうか?もともとあまり味がないものなのでいろいろな味付けをするにはうってつけです。

ゼリータイプのものありますしのどに詰まらないように細かく砕かれたものまであるのでお年寄りから子供まで気軽にグルコマンナンを摂ることができます。

こんにゃくで1日300gなんて無理かも

こんにゃくでいえば1日300gが目安とされているようですがそんなのは無理という方がほとんどだと思います。

あまりこの目安にとらわれすぎずに適度にこんにゃくを食べたりすることでグルコマンナンを摂取していけばいいですし、どうしてもという人にはサプリメントもあるので試してみてはいかがでしょうか。

おなかも心もすっきりグルコマンナンを上手に利用しよう

カロリーも少ないグルコマンナン。こんにゃくに多く含まれており、おなかの掃除もしてくれ、腸内細菌のバランスも整えてくれます。もともと味があまりない食べ物なのでいろいろな味付けをすることができ、主食からデザートまで様々な使い方がされています。

血糖値が気になる方やダイエットを考えてる方も楽しみながら自分に合ったものをチョイスしてみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加