さわやかなグレープフルーツは、疲労回復や美肌に効果アリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

49_グレープフルーツ_re

疲れやすい人やスポーツマンにもおすすめ。グレープフルーツの優れた栄養素

グレープフルーツは柑橘系のフルーツの中でも果実が大きくて食べ応えがあり、家でそのまま食べたり、カフェなどでもパフェやケーキに添えられて出てくることが多いでしょう。さわやかな香りはアロマやコスメにも活用されており、入浴剤などでも見られます。子供たちもゼリーやジュースとして飲食することも多く、親しみのあるフルーツでしょう。美容にも健康にも優れた栄養成分があるので、朝食などに積極的に取り入れましょう。

ビタミンB1:疲労回復、むくみ解消

グレープフルーツにはビタミンB1が含まれています。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える際に必要な大切な成分であり、疲労回復効果もあります。体内に溜まった乳酸を分解し、筋肉や神経が正常に働くようにサポートする働きをするので、スポーツをする人にもおすすめです。またむくみを解消する効果もあります。

ナリンギン:血中脂肪酸の分解、アレルギーの緩和、免疫力向上

グレープフルーツのほのかな苦みは、ナリンギンという成分によるものです。このナリンギンは、アレルギーを緩和する作用があるので、花粉症やアレルギー性の皮膚炎などの予防対策にもなるでしょう。またナリンギンは、血中の脂肪酸を分解したり免疫力を高める働きもします。風邪などの細菌に対する抵抗力がつくでしょう。

ペクチン:整腸効果、抗酸化作用、老化防止、消炎効果

グレープフルーツの果実が入っている白い袋やその筋、また皮の部分には、ペクチンが含まれています。ペクチンは食物繊維の一種であり、腸内環境を整える作用があるので便秘解消に良いでしょう。またペクチンには抗酸化作用があり、お肌や血管などの老化を防いでくれます。また消炎効果もあるので、肌荒れ対策にも良い成分なのです。

ビタミンC:コラーゲンの生成、美白効果、免疫向上

グレープフルーツには非常に多くのビタミンCが含まれています。ビタミンCはお肌の保湿成分として欠かせないコラーゲンの生成に働くと共に、メラニン色素の発生を抑制して美白効果があります。白くて潤いのある美肌のためにはぜひ摂取したい成分です。またビタミンCは免疫力を向上させるので、風邪の予防にも良いでしょう。

クエン酸:乳酸の増加抑制、疲労回復、食欲増進

グレープフルーツを食べたときの酸っぱさは、クエン酸によるものです。クエン酸は食欲を増進させて疲れを回復させる効果があるので、風邪のときや夏バテ気味にときに摂取すると良いでしょう。またクエン酸は、体内に蓄積された乳酸の代謝促進作用もあります。筋肉疲労の緩和にもなるので、スポーツをした後に食べるのもおすすめです。

グレープフルーツを使った主な料理

グレープフルーツを使った料理としては、果実をしぼったジュースやゼリー、ジャムなどが挙げられます。またそのままの状態で、蜂蜜や砂糖をかけたりヨーグルトに入れるなどして朝食に食べる人も多いでしょう。そのほかにもサラダに加えたり、果汁を使ってお肉や魚にかけるソースを作る場合もあります。ドライフルーツとして食べることもできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加