記憶力がメキメキ上がる!?万病の元『冷え症』も一気に解消!世界が認めた薬草『ゴツコーラ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リラックス_re

インドや東南アジアで栽培されている『ゴツコーラ』と呼ばれる薬草をご存じでしょうか。日本でも人気のあるアーユルヴェーダや漢方でも利用されるゴツコーラは、世界保健機関(WHO)が『21世紀に残るべき薬草』と認定したことでも注目を集めています。その優れた効果は、ハーブ特有のリラックス作用だけではなく、記憶力の改善や血流の改善など、私達にとって嬉しいものばかりなのです。

血行改善は美肌や健康への近道

血行が悪くなると私たちの体に、さまざまな悪影響を及ぼします。代表的なものが、万病の元とも言われる『冷え症』です。特に女性の冷え性は、慢性婦人病の原因にもなりかねません。また、血行が悪いと体の隅々の器官にまで、酸素をはじめとした栄養素を上手く行き届かせることができないのです。そこで、良くするためにも摂り入れてほしいのが『ゴツコーラ』です。

静脈の血行を促進するゴツコーラは、血行不良を解消し、美肌の基本、肌の細部にまで栄養を行き届かせます。また、動脈不全が解消されることで、できてしまった嫌な妊娠線を目立たなくさせる効果も期待できるのです。

欧州では脳の活性化といえば『ゴツコーラ』は当たり前!?

加齢とともに気になるのが、物忘れ。脳内の神経伝達物質の分泌が減ることによって起こりますが、年齢を重ねていく上ではある程度、仕方のないことなのかもしれません。その加齢で減少しがちな、脳内の神経伝達物質を調整するのもゴツコーラの役目です。脳細胞の活性化にも貢献するゴツコーラですが、その実力はかなりのもの。欧米では、多くのメーカーの学習能力向上や痴ほう防止のサプリメントにゴツコーラの成分が含まれているようです。

ミツバのような爽やかな味わい

薬草、と呼ばれることの多いゴツコーラですが、その正体はセリ科の植物。ミツバに例えられるその味は、もちろん野菜として美味しくいただくことができます。生でサラダはもちろん、薬味にも。加熱すれば、また違った味わいが楽しめますよ。またハーブでもあるゴツコーラは、ハーブティーにも最適。

ツボクサ(ゴツコーラ)・ティーと呼ばれるハーブティーは、そのままお湯を注いでも美味しくいただけますが、ホットミルクで割れば、さらに美味しく栄養もたっぷり。生のゴツコーラが手に入る機会があれば、さらに新鮮な味わいのハーブティーも楽しめますよ。

日本では『ツボクサ』の名前で苗が手に入る!

その効果の高さから、日本でもサプリメントで販売されているゴツコーラ。1日の摂取目安量は、生の葉に換算して2~4g程度と言われています。日本では、『ツボクサ』の名で親しまれているゴツコーラは、もちろん自宅栽培が可能です。寒さに弱いという弱点がありますが、上手に栽培すれば新鮮で安全なゴツコーラがたっぷり手に入りますし、あまった分は乾燥させてハーブティーとしても楽しめます。プランターでも栽培可能なので、興味のある方はぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

頑張っている自分の体へのご褒美に

世界保健機関(WHO)が、『21世紀に残るべき薬草』と認定したゴツコーラは、まさに世界が公式に認めた薬草です。インド・スリランカの伝統医学『アーユルヴェーダ』の中でも神経や脳を活性化させるハーブとして重宝されています。何より美味しくいただけるのが嬉しいですよね。忙しい生活の中では、むくみや冷え症などの悩みの解決は後回しにされがちです。毎日頑張っている自分の体へのご褒美に、ゴツコーラを摂り入れた生活を目指してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加