現代人必見!ダイエットに最適のギムネマとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット_re

現代人必見!ダイエットに最適のギムネマとは

ギムネマは、インドで2000年以上前から医療に使用されてきた歴史があるガガイモ科のつる植物です。

糖の吸収の抑制や便秘解消作用によってダイエットに効果的と言われているハーブで、現在ではサプリメントやハーブティとして利用されています。適切に取り入れれば、副作用が起こることも少なく、健康的に痩せることが可能とされています。

糖分の吸収を抑えて太りにくくする

肥満は、現代人の健康を脅かし、様々な病気のリスクを高めてしまいます。

しかしギムネマには、食事などで摂取した糖分の吸収を抑える作用があります。摂り過ぎた糖は、中性脂肪に変化して体内に蓄積されて太る原因になりますが、余分な糖を体外へ排出させる作用があるため、太りにくい体にすることができます。

甘さを感じにくくして食欲を抑える

主成分のギムネマ酸は、砂糖などの甘さを持つ成分の甘味を感じなくさせる作用があります。甘味を感じる味細胞と甘味を持つ物質が結びつけるのを防ぐため、甘いものを食べても甘味を感じず、砂を噛んでいるような感覚になることで食欲が減ります。

甘いものが好きな人でも、自然と甘いものを食べたくなくなることでダイエット効果を得ることができます。

ギムネマ茶は食事と一緒に摂れる

ギムネマはハーブであるため、ハーブティーにして摂取すると日常生活に取り入れやすいようです。ただ、葉自体に苦みがあるため、シングルではなくブレンドされたものを飲むと飲みやすいでしょう。

血糖値の上昇抑制の場合は、成分の吸収性を高めるために食事と一緒に飲んだり、食後30分以内に飲みましょう。

ダイエット目的ならサプリメント

糖の吸収を抑える目的であれば、サプリメントでの摂取が手軽です。

ハーブティーは食事とともに飲むことはできますが、ギムネマサプリメントの場合は、食事と同時に摂取すると糖分の吸収を抑えることが難しくなるので、糖質を摂取する30分ほど前までに服用すると効果的です。ダイエット効果を高めるため、様々なダイエット成分が含まれたサプリメントを選ぶとよいでしょう。

副作用のリスクを考えて1日600mgを目安に

ギムネマはハーブであるため、重篤な副作用が起こる心配はほとんどありませんが、摂り過ぎるとブドウ糖の吸収を抑えすぎてしまって低血糖を引き起こしたり、鉄分の吸収を阻害して貧血を起こす可能性があるため、摂り過ぎに注意しなければなりません。

1日400mgから600mgを目安にしておくと安心です。

摂取も簡単!安全にダイエットできるギムネマ

現代日本人は、食生活の乱れによって太りやすい傾向にあります。ギムネマは、肥満のリスクがある人にとっては手軽で効果的な成分と言えます。

サプリメントやハーブティーとして簡単に摂取できるので生活に取り入れやすく、ダイエット効果も得やすいので、甘いものが好きな方や食生活が乱れがちな方、肥満や健康面が気になる方にオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加