活性酸素を除去する効果のあるギンコライドでアンチエイジング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元気な女性2_re

活性酸素を除去する効果のあるギンコライドでアンチエイジング

ギンコライドはイチョウの葉に多く存在している成分です。

この成分には身体に悪い作用をするタイプのコレステロールなどの、身体に悪い関与をしていることが知られている活性酸素を除去する効果があります。また血管などに作用して血液の流れを良くするなどの効果が認められている他に、記憶力や集中力を高める働きなども知られています。

細胞の損傷や老化を防ぐ効果のあるギンコライド

ギンコライドには強い抗酸化作用があることが知られているので、身体に有害な活動をしている活性酸素を除去する効果があります。

また身体に悪いとされているタイプのコレステロールの活動を抑制して減少させる働きがあるので、それらの物質が原因で引き起こされる老化や細胞の損傷などの症状を緩和することが期待出来ます。

自律神経を整えるギンコライド

ギンコライドには末梢血管を含めた血管の活動を活発にする働きが確認されているので、身体の冷えなどの症状の緩和や、自律神経機能の低下などを防ぐ効果があります。

またそれらの効果で身体全体の免疫力を高めるので、肌荒れや粘膜の損傷などを防いで、身体の健康を総合的に支える効果が期待されています。

イチョウの葉の天ぷらを食べてギンコライド!

ギンコライドを多く含んだ食材として有名なのはイチョウの葉です。この食材を使った代表的な料理としては天ぷらなどが人気です。

イチョウの葉の天ぷらはそのまま食べると少し苦いので、揚げた後に少し出汁やしょう油などに漬けておいたり、酒などを加えて炒めたりすると苦みを消すことが出来るのでたくさん食べることが出来ます。

イチョウの葉をお茶にして簡単にギンコライドを摂取!

ギンコライドを多く含んだイチョウの葉を使ったメニューとしては、お茶などにすると簡単に摂取することが出来ます。

イチョウの葉のお茶は、本来苦みが少し強い傾向がありますが、それらを緩和して飲みやすくした製品なども発売されているので、それらを上手に利用して効率的に摂取すると良いでしょう。

ギンコライドの適正な摂取量としては基本的に一日120mg

ギンコライドの推奨されている一日の摂取量としてはだいたい120mgくらいとされています。

この量を安定的に摂取するためにはこの成分を多く含んだイチョウの葉を天ぷらにしたり、お茶などにして摂取するといいでしょう。ただそれだけでは十分に摂取することが出来ないこともあるので、その場合にはこの成分を抽出したエキスなどを摂取すると良いでしょう。

血流を良くして疲労回復効果のあるギンコライド!

ギンコライドはイチョウの葉に含まれている成分で、強い抗酸化作用があることで知られています。

この成分には血管を広げて血流を良くして、手や足の先まで血液を巡らせる効果があるので、身体の冷えなどを緩和したり疲労を回復するなどの作用が確認されています。ですのでそれらの効果に興味のある方は意識して身体に採り入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加