ギアラはあなたを少女のように若返らせます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

169_ギアら_re

ギアラの栄養素はビタミン・ミネラルなんでもあり!

牛の胃袋であるギアラは鉄分やビタミン類が豊富に含まれ、脳の働きを良くしたり集中力をつけたりとモツと呼ばれるには気の毒なくらい栄養があります。女性の間でも内臓系のお肉を召し上がる方が増えているそうですが、脂が多く身体に悪いようなイメージばかりが付きまっとってしまいがちです。ですが、この内臓には只者ではない秘密があるのです。

ビタミン12:仕事や勉強をがんばりたい

ビタミンB12はギアラに豊富に含まれています。神経の機能を維持することで、ひどい肩こりの痛みや腰痛の緩和に役立ってくれます。神経細胞の核酸やたんぱく質の合成を助け、修復して、精神の安定や集中力・記憶力の向上を果たします。年のせいと諦めていた運動機能がもどったり、手足の痺れなどにも効果があります。

ビタミンK:年をとっても骨を心配しない

ギアラに含まれるビタミンKは骨の代謝や血液の凝固作用に関わっています。骨を作る骨芽細胞と骨を壊す破骨細胞の両方に関与して、促進と抑制をしてくれます。この作用のおかげで骨の質が保たれ、骨質を改善し骨折の予防をします。また出血を止める血液凝固の成分プロトロンビンを体内で作るときにビタミンKが必要となります。

亜鉛:糖の代謝に必要

ギアラの中に含まれる亜鉛はDNAやたんぱく質の合成に関わり、血中のあえんはアルブミンなどのたんぱく質と結合して免疫機能を整えたり、糖の代謝に必要とされます。食事をしたからだから出されるインシュリンの合成やその作用の発現に必要不可欠なミネラル成分です。内臓系でありながら重要な栄養もあるのです。

鉄:女性は必ず摂るべし

内臓という食材だけにギアラに含まれる鉄分は多く、少女のような頬色を戻してくれる成分です。鉄はヘモグロビンの材料であり、酸素を体の末端まで運んでくれる重要な役目を担っています。また、老廃物である二酸化炭素を排出して代謝を円滑にしてくれます。すると、貧血を予防するだけでなく、肌のつやや張りまでも保つ効果を発揮します。

一価不飽和脂肪酸:頭の回転を迅速に

ギアラの一価不飽和脂肪酸は他の脂肪酸には無い、有益な働きをしてくれます。脳神経の発達やアレルギー症状の緩和を助けて、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすことで動脈硬化を防いでくれます。また、男性方には仕事やゴルフなど、すぐに必要なエネルギーとして、身体に摂り込まれます。

ギアラを使った主な料理

ギアラは臭みがあるので2から3回茹でこぼしてから調理する必要があります。このゆでる時にハーブや香辛料を加えるとぐっと食べ易くなります。そして、肉厚で歯ごたえがあるので網焼きにしたりフライパンで焦げ目が出来る位のほうが香ばしく美味しいです。野菜と共にワイン煮込んでだり、味噌とニンニクで漬け込んで焼くものまた美味です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加