おからと玄米で腹持ち良く!ダイエットと美肌で一石二鳥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

138_玄米_re

5歳・2歳の2人の男の子の母で、旦那と子供2人の4人暮らしをしている専業主婦です。上の子は幼稚園の年中さんですが、下の子はまだ幼稚園・保育園には通っておらず一日中家で一緒にいるため、大忙しです。旦那の仕事の時間が夜勤・早朝出勤が交互のため生活が不規則になっています。

子供がまだ小さいので家にいることが多く、どうしても運動不足になってしまいます。また、外に出て気分転換をする機会がないという事、自分の時間が全くなく、集中して楽しめる趣味というのも持っていない事でストレスが溜まっています。ついつい食べ過ぎて体重が増えてしまい、それがさらにストレスになりイライラしてしまいますし、常に疲れが抜けないのもつらいです。

おからをコロッケやサラダに入れて食物繊維補給

普段からなるべく食物繊維が多いものを食べるようにしています。特に、おからは安くて食物繊維がたっぷりなので、よく料理に使っています。

納豆は昔からよく食べていたのですが、おからも良いと聞いておからクッキーを食べるようになりました。ところが市販のものだけにおいしすぎて、いくらでも食べてしまうのです。これでは本末転倒だと思い、おから自体を購入して料理に利用することにしました。

おからとジャガイモを混ぜたおからコロッケや、いつものポテトサラダに加えたりと、違和感なくおいしく食べられるものを工夫しています。主食も、白米から玄米と白米を2:1で混ぜたものを食べるようにしました。

おからと玄米はどちらも栄養満点で健康や肌にとても良い

納豆やおからには良質の植物性たんぱく質が豊富ですし、特におからは腹持ちが良く食物繊維が豊富です。また、記憶力を高めるレシチンやホスファチジルコリンも豊富に含まれています。さらに大豆商品にはイソフラボンが含まれているので、コラーゲンやヒアルロン酸を生成する助けとなり、美肌効果も期待できます。

大豆サポニンの働きで脂肪の吸収が抑えられますし、大豆ペプチドは基礎代謝を高めてくれる上、オリゴ糖も含まれているので便秘が改善され、ダイエットになります。

玄米にも食物繊維が豊富に含まれていて、消化に時間がかかるので満腹感が持続し、食べ過ぎ防止やダイエットに効果的です。また、玄米に含まれるガンマオリザノールというポリフェノールは肥満を予防する働きがあります。さらに、若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEも含まれているので、アンチエイジングが期待できます。

おからも納豆も安くて、満腹感があるのにお腹スッキリ

おからはスーパーでも50~100円程度で手に入れることができます。日持ちがしないことと、そのままでは食べられないので手を入れる必要がありますが、かなり安上がりです。おからの量が多いためか家族はおからコロッケがあまり好きではないので、揚げ物をする時に自分だけ食べるようにしています。納豆は特に子供たちが大好きで、常にまとめ買いして冷蔵庫に常備するようにしています。

このような食事を始めてから、体が少しすっきりしたように感じます。食べる量が変わっていないので体重には変化がありませんが、お腹周りがすっきりしたので細くなったように見られ、満足しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加