血糖値の改善には食生活から!玄米を取り入れてヘルシーに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

138_玄米_re

私は35歳の女性で、現在両親、祖母と実家で生活しながらパートタイマーとして働いています。朝から仕事、帰宅後は家事と資格の勉強で毎日バタバタ暮らしています。そんな忙しい日々の唯一のリラックスタイムが愛犬とのふれあいです。

尿が泡立っているような?何かの兆候?

30代に入ったある日、尿が泡立っているように見えたことが何度かありました。最初は特に気にしなかったのですが、もしかしたら何かの病気?と急に心配になってきました。調べてみると、尿の量や勢いにもよるので尿が泡立つことだけでは問題とは限らないそうですが、泡がなかなか消えない場合や、泡がビールの泡のような細かさだった場合は、尿にたんぱくが混ざっていたり、糖尿病の危険性もあるとのことでした。

確かにストレスで太っていたし、疲れやすくもなっていたので、生活習慣病予備軍だったのかもしれません。化粧しても顔色の悪さが目立つし、息切れもしやすかったのです。病院で検査したところ血糖値が非常に高く、このまま放置したら本当に生活習慣病になってしまうかもしれないと危機感を覚えました。

週に2回は玄米に切り替えてみました

そこで、本やテレビを参考にしたり、時にはお医者さんに直接聞いて、玄米を食べることにしました。いきなり変えるのは無理だと思ったので、週2回にしました。最初はとても食べにくいのではないかと思ったのですが、水の加減をうまくすれば全然問題ありませんでした。食べ慣れてきたら、とてもおいしく感じるようになりました。おかずには納豆を毎食。

それまでは朝だけ1パックだったのですが、良質のタンパク質だと聞いたので、もっと積極的に食べようと思ったのです。タンパク質としては、ほかにも豚肉、鶏肉、魚などレシピに合わせて野菜と一緒によく噛んで食べるようにしました。

玄米の栄養素が健康にも美容にも効く

玄米について調べてみると、白米よりビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なので、生活習慣病の予防にとても良いことがわかりました。また、ビタミンEが豊富なのでホルモンバランスを整えてくれたり、美肌効果もあるということでした。

一緒に食べている納豆も、栄養素のナットウキナーゼが血液をサラサラにしてくれるので血圧やコレステロール値を下げる働きがあるそうです。また、豚肉にはビタミンB1が豊富で、疲労回復効果がとても高いです。日本人は不足しがちなので、意識して摂ったほうがいいと聞きました。

こういった食事を、まず野菜を少し食べてからいただくと、血糖値の上昇が緩やかになるので、体に負担がかかりにくく、だるさが軽減されたような気がします。

血液検査の結果が劇的に改善

この生活を1年続けましたが、相談役としてお話を聞いてくださっている先生のところで血液検査をしていただいたところ、すべての項目が基準値内に!しかも便秘も改善、ニキビも顔色もかなり良くなりましたし、体重もかなり減らすことができました。なにより、血糖値や脂肪肝は少し危険なレベルだったので、ほっとしました。

玄米は最近はどこのスーパーでも2kg入りが売られるようになりましたので、手に入れるのは簡単です。白米と同様、あっさりしたものやもっちりしたものなど色々種類がありますから、通販で直接農家さんから買ってみるのも良いかもしれません。普通の炊飯器でも炊けますし、圧力鍋で炊いたものは芯まで柔らかくなってとても食べやすいです。

ただ、白米と違って消化はよくないので、良く噛んでゆっくり食べるようにしないと、胃腸の弱い人は下痢や便秘になりますから、その点だけは注意が必要ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加