30歳過ぎたら顔色が…玄米効果で美肌を取り戻す!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

138_玄米_re

岡山県で夫と二人暮らしの41歳の専業主婦です。専業主婦というからには、料理や掃除など家事は真面目にやろうと思っています。特にわたしたちの身体を作り、健康の素である料理はがんばろうと思い、毎日栄養を考えたメニューを考えています。

30歳を過ぎた頃から顔色が悪くなってしまいました

わたしは20代までは健康そのもので血色もよく、病院に通うなんてこともほとんどありませんでした。しかし、30歳を過ぎた頃からしみ、しわ、肌荒れに悩まされ、周りの人たちからも顔色が悪いと言われるようになってしまい、大変ショックを受けました。当時のわたしは毎日遅くまで残業をし、通勤にも1時間以上かけていて、自炊する時間もないため、コンビニ弁当や外食ばかりしていました。また、仕事での人間関係のストレスに悩まされていたのもあり、精神的にも肉体的にも疲労していたように思います。見た感じもとても老け込んでしまって、自分に自信がなくなり、コンプレックスをかかえてますますストレスを抱え込んでしまい、自分の中で悪循環が起こっていました。

生野菜やハーブ、玄米を食事に取り入れるようになりました

ストレスの多い仕事をしているうえに外食やコンビニ弁当で食事を済ませていることについては常々これではいけないと思っていました。しかし、忙しくて栄養のある食事を作ったりすることはとてもじゃないけどできませんでした。しかし、そんなわたしでも夫と出会い結婚してからはもっと栄養価の高い料理を作ろうという気持ちになれました。わたしは毎日の食事に生野菜やハーブを取り入れるようになりました。朝食には納豆を必ず食べるようにし、マーボ豆腐などの豆腐料理、生野菜サラダを食べるようになりました。また、抗酸化作用のあるハーブティーも生活に取り入れるようになりました。また玄米を毎食食べるようになりました。

ビタミンやミネラルが豊富な玄米が体に効いてる

夫婦ともにもともとは白米が大好きだったのですが、結婚してからは玄米を毎食食べるようになりました。夫のお弁当のごはんも玄米です。玄米にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、おかずの数が少なくても玄米そのものだけでかなり栄養が摂れるということを聞いたからです。また、血液サラサラになるという玉ねぎもたくさん食べるようになりました。人参やダイコンなど体によいと言われる生野菜もたくさん取り入れています。

美肌になったねと言われるようになったのは玄米や生野菜のおかげ

玄米や生野菜をたくさん食べる習慣を続けて早10年になります。当初はしみやしわが多く、顔色が悪いかったので自分の外見に全く自信が持てませんでした。しかし、玄米や野菜を食べるようになってから変化が訪れました。なんとお肌がきれいになったのです。ある時友達から、美肌になったね、と言われました。けっこうはっきりものを言う友達なので本当だと思います。また、一人からではなく複数の友達から言われるようになったので本当に美肌になったのだと思います。また玄米は食物繊維が豊富に含まれているそうで、なんと玄米を食べるようになってからお通じがかなりよくなりました。以前はトイレに入ってもなかなか出てこれなかったのが今は1分もかからずトイレから出てくるので夫も驚いています。美肌になったのももしかしたら玄米の食物繊維のおかげかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加