お腹の中をスッキリさせる!『ガラクトマンナン』はあの人気おやつに含まれていた!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インゲン_re

“こんにゃくタイプのゼリー”といえば、子どもから大人まで大人気のおやつですよね。その中に含まれているのが、整腸作用や血行促進、コレステロール値抑制の効果が期待できる『ガラクトマンナン』です。美味しく食べていたあの食べ物に、そんな嬉しい効果があったなんて、ちょっと意外ですよね。

胃に長く留まって、満腹感が持続する!

ダイエットの敵、といえば、やはり“食べ過ぎ”ですよね。ガラクトマンナンとは、インド原産のグアー豆に含まれている成分。そして、最大の特徴は、なんといっても高い保水性です。つまり、体内で水分を含み膨張するので満腹感を得られやすく、ついついやってしまう食べ過ぎも防ぐことができるのです。また胃に長く留まることで、コレステロール値や血糖値の上昇を防ぎ、気になる成人病の予防にも効果が期待できます。

高い整腸効果は、摂りすぎるとお腹を壊すほど

高い保水性に加え、水溶性繊維質の一種であるガラクトマンナン。腸の中で頑固な便に水分を与え、さらに繊維質のはたらきで、便をスムーズに排出させます。もちろん、腸がキレイになれば、ダイエットはもちろん美肌効果があることはご存じのとおり。しかも、ガラクトマンナンの高い整腸作用は、摂りすぎるとお腹がゆるくなってしまうほどです。くれぐれも食べ過ぎには注意してくださいね。

ガラクトマンナン入り加工品は意外とある!?

ガラクトマンナンを含むグアー豆は、インド原産のもの。私たちには馴染みが薄いため、入手するのがなかなか困難な食材です。そんなガラクトマンナンを私たちが摂取するには、加工品が一般的。こんにゃくゼリーはもちろん、お腹を整える“特定保健用食品(トクホ)”指定の食品の中には、ガラクトマンナンが含まれていることもあります。ドラッグストアや通販などでじっくり探してみてはいかがでしょうか。

グアー豆サプリで検索を!

最近では、ガラクトマンナンのサプリメントも数多くなりました。中々手に入りにくい栄養素なので、サプリで手軽に摂取できるのは嬉しいですよね。中でも多いのは、パウダータイプのもの。味や色もついていないので、飲み物や料理にも利用しやすく、とても便利です。“グアー豆”で検索すれば、かなりの数のサプリがヒットします。近くのお店で見つけることができなければ、ぜひネットを利用して手に入れてくださいね。

サプリなら1日大さじ1杯程度

ガラクトマンナンの1日の摂取目安量は、6g。ただ、この量を食品で賄うためには、かなりの量が必要です。ただサプリメントだと、この必要量が個包装1つ分であることがほとんど。量にしておよそ大さじ1杯分なので、飲み物に混ぜる場合は、この量を何回かに分けて飲んでもいいですよね。

ダイエット中の方におすすめの成分だった

豊富な食物繊維を含むため、便通改善の効果が期待できるガラクトマンナン。しかも、その高い保水性から満腹感を得られるので、ダイエット中にはぜひ摂取したい成分です。ただ、日本では、食品からガラクトマンナンの成分を摂取することはなかなか難しく、サプリメントに頼るのがベスト。摂りすぎると、お腹を壊す恐れもあるので、まずは控えめな量から摂取し始めてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加