FK-23菌の効果が凄い!乳酸菌に秘められた4つの効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4_ヨーグルト_re

FK-23菌とは、乳酸菌の一つで、ヒトから分離されて生成された”乳酸菌株成分”のこと。FK-23菌には、腸内細菌の中でも”良い働きをしている乳酸菌”が多く配合されているので、整腸作用などの効果があることが知られています。しかしながら、”FK-23菌を今日初めて知った!”という人も多いことでしょう。そこで今回は、FK-23菌の効果をはじめ、摂取方法、摂取量などをご紹介します。

FK-23菌の4つの効果

効果①腸内環境を整える

FK-23菌には質の良い乳酸菌がたくさん配合されているので、悪玉菌や雑菌などの有害成分の体内での活動が減少し、腸内環境が整います。

効果②胃腸のトラブルを予防

食べ物の消化や吸収を助けたり、それらの働きを支えている葉酸などの活動を補助しているので、胃腸などのトラブルを未然に予防する効果が期待されています。

効果③免疫力を高める

FK-23菌には、免疫力を高める効果があるので、細胞の新陳代謝を活発にして、身体の定期的な再生を促します。それ以外にも、免疫力が強化されることで、肌の機能を保護したり、口の中のちょっとした炎症などの回復を早める効果もあります。

効果④疲労回復

細胞や筋繊維などの修復や再形成を促し、疲労回復や筋肉の維持などに貢献しています。

FK-23菌の摂取方法

FK-23菌を摂取するには、「FK-23菌が配合されたヨーグルト」で摂取するのが一般的です。食べ方は、そのままヨーグルトだけで食べるだけでも効果がありますが、フルーツと一緒に食べたり、凍らしたり、料理に使ったりと、さまざまです。色々と試してみて、あなたに合った方法で摂るようにしましょう。・・・ちなみに、ヨーグルトだけで食べる場合、甘味は”砂糖”よりも、”オリゴ糖”や”ハチミツ”を使うようにしましょう。オリゴ糖やハチミツは、腸内環境を整える効果があるのです。

■フルーツと一緒に食べる

ヨーグルトに、バナナ、オレンジ、リンゴ、イチゴ、キウイなどのフルーツを入れてもいいでしょう。フルーツにたっぷり含まれるビタミンやミネラルを、一緒に摂取できるので、より効果的です。また、オールブランなどのシリアルもおすすめ。食物繊維が摂れるので便秘解消にも役立ちます。

■フローズンヨーグルト

冷凍庫などで凍らせてフローズンヨーグルトなどにすると、気軽にFK-23菌を摂取することが可能です。夏場は、アイスの代わりにフローズンヨーグルトを食べれば、ダイエットにも効果的といえるでしょう。

■パンケーキ

ヨーグルトでパンケーキを作ると、炭水化物などの栄養も豊富に摂取することができるので、FK-23菌の体内での吸収率が上がり、早く効果を実感することができるでしょう。さらに、トッピングでもヨーグルトをかければ、より効率的にFK-23菌を摂取できます。

■ヨーグルトドリンク

ヨーグルトを牛乳や水などで薄めてそれに砂糖などを加えれば、ヨーグルトドリンクにすることができます。

FK-23菌の1日の摂取量

FK-23菌の推奨されている摂取量は、1日8gとされています。
この量を定期的に摂取するためには、FK-23菌が配合されたヨーグルトを1日1回食べていればいいので、比較的簡単に摂取することが出来ます。ただし、ヨーグルトすべてにFK-23菌が配合されているわけではないので、FK-23菌が配合されているかどうかをきちんと確認してから購入するようにしましょう。

まとめ

FK-23菌は、人工的に生成された乳酸株成分のこと。質の高い乳酸菌を多く含み、その乳酸菌の能力によって免疫力を高めて、身体を健康な状態を維持することに貢献してくれる成分です。また、殺菌作用も認められているので、体内の悪玉菌などの有害な成分を排除する効果もあるといわれています。これら効果に興味のある方は、是非、持続的に身体に摂り入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加