整腸効果や消化促進が有効!フェンネルの上手な活用術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生理_re

整腸効果や消化促進が有効!フェンネルの上手な活用

フェンネルはハーブの一種であり、日本ではウイキョウの名で知られています。ハーブは、調味料としてだけでなく昔から健康増進の薬の役割も果たしてきました。

このハーブは、胃腸の状態を整えたり、あるいはさらに消化を助ける効果を持っています。料理に添えるハーブとして魅力的なだけでなく、体の健康にも良い役割を果たせます。

フェンネルがもつ整腸効果による肥満防止

フェンネルは古くから西洋などで用いられてきたハーブであり、すでにその整腸効果についてよく知られています。お通じを良くして、体に老廃物や余分な成分が溜まることを阻止してくれます。

余分な成分体外へ排出するということは、ダイエットにも関わる重要なポイントであり、このハーブが持つ効果に期待が寄せられています。

フェンネルが助けてくれる!消化の力

消化吸収は、生命を維持するための重要な機能です。しかし、夏バテや胃もたれといったことから、消化吸収能力が落ちて体力が下がりがちです。

フェンネルは、消化酵素を刺激することで消化作用を促すという効果を持っていることから、栄養が不足しがちな夏バテなどの時期に料理に添えると栄養補給に効果的です。

香辛料の一種として使い勝手が広いフェンネル

ハーブとして使われてきたフェンネルは、既に調理での利用方法が多く開発されています。特に魚料理には有効である事が知られています。

魚料理の特有の匂いや脂っぽさを解消する効果を持っていて、調理に利用されることは多いです。西洋では、魚料理以外にもさらにパンやお菓子作りにも頻繁に使われます。

フェンネルを利用したハーブティーのたしなみ!

ハーブはお茶としての利用もされてきました。フェンネルのハーブティーは、スパイシーな香りが特徴の飲み物です。

普段の食事の後にこのハーブを用いたお茶を用意すれば、胃腸の調子を整えることに有効利用ができます。胃腸の弱い人には、毎日の習慣としてこのハーブティを用意しておくことが助けになります。

フェンネルは1日7gまでが摂取基準量

料理やハーブティなどに、フェンネルを使うことができ、1日につき7g以内であれば、長期摂取であっても健康には特に問題がありません。

何事も適量が大切であり、このハーブも1日の中で定められている量の許容範囲内で利用してこそ、整腸や消化促進といった有効な健康のための効果を発揮してくれます。

これから始めて健康づくり!フェンネルのある食生活

ハーブが健康によいと知っていても、それを普段の食生活で取り入れられていない人は多いです。

まずは、フェンネルのハーブの特徴や健康の効果について理解し、自身の食生活に少しずつでも工夫して導入してみることから始められます。整腸や消化促進といった面で、実際にどのような健康効果が出てくるのかが実体験できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加