神経強化やダイエットに高い効果!イコサテトラエン酸の働き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット2_re

神経強化やダイエットに高い効果!イコサテトラエン酸の働き

イコサテトラエン酸は、アラキドン酸の別名であり、不飽和脂肪酸に属している成分です。

不飽和脂肪酸は、脂肪酸の中でも健康に効果がある事が分かってきました。適量を守って摂取することで、神経細胞を強化したり、ダイエットにとって効果が出てきます。食品からも摂りやすい成分であるため、毎日の食卓で健康に活かせます。

神経細胞の育成に関わるイコサテトラエン酸

いつまでもはっきりとした思考力を持つためには、脳の神経細胞の生成を促す必要があります。その有効な手段として注目を集めるようになったのが、イコサテトラエン酸の栄養成分です。

不飽和脂肪酸にあたるこの成分が、神経の育成を助け、老化に負けない脳の働きを高めるとして、評価が高まっています。

スリムな体を手に入れたい!イコサテトラエン酸でできる痩身

脂肪の摂り過ぎは、肥満の原因になります。しかし、その脂肪の中でもイコサテトラエン酸が属する不飽和脂肪酸は、ダイエットに効果的な機能を果たしてくれます。

体内に蓄積しにくい脂肪を積極的に摂取することで、余分な脂肪が体内に蓄積する事を予防し、太りにくい体作りが食事をしながら実現します。

タマゴやレバーに多く含まれる!イコサテトラエン酸のレシピ

イコサテトラエン酸を多く含む食品で代表的であるのが、鶏卵です。タマゴは、料理で幅広い活躍ができるため、自然と毎日の食事で体内に取り入れられます。

野菜ともレシピの中で加えやすく、さらにレバーなど他の食品も合わせてレシピに加えることで、もっと多くのこの成分を健康のために摂取可能です。

イコサテトラエン酸摂取に期待!魚を活かした料理

魚は、不飽和脂肪酸を多く持つ食品として知られています。イコサテトラエン酸は、魚にも多く含まれています。

ボラやさわら、さらにサバなどの魚を食材を利用することで、普段の食事から有効栄養成分を健康に活かすことができます。魚の健康効果が、こうした不飽和脂肪酸の成分からもたらされています。

1日に150mg程度が目安になる?イコサテトラエン酸の適量

イコサテトラエン酸に関しては、具体的な目安となる1日の摂取量について目標となる数字がありません。

平均的に日本人が摂取している1日の量が、およそ150mgとされていることから、標準の摂取目安として掲げられます。まずは、この量の摂取を下回っていないかどうかについて、目安にする事ができます。

注目集める不飽和脂肪酸のイコサテトラエン酸

脂肪が健康のコントロールの課題として掲げられる中、不飽和脂肪酸が健康に良い効果をもたらすことが知られてきます。

その中でも神経細胞の生成に効果がある成分として、イコサテトラエン酸に対しての健康利用のための研究が進んでいます。ダイエットにも効果があり、脳の老化防止やスリムな体型維持に期待できる栄養分です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加