ダイエットの強い味方!レジスタントスターチの魅力に迫る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット_re

難消化性でんぷん!レジスタントスターチとは

レジスタントスターチという成分を知っていますか?ダイエット効果があることから、ご存知の方もいるかもしれませんが、ほとんどの方は初めて聞いたと思います。レジスタントスターチとは、雑穀や豆・じゃがいも等に含まれるでんぷんです。分解されにくい特徴があることから、難消化性でんぷん、もしくは耐性でんぷんと呼ばれることもあります。

消化されにくいことからエネルギーになりにくく、ダイエット効果が期待されています。また、でんぷんでありながら食物繊維として分類され、善玉菌を増やす効果もあります。

生活習慣病の予防、ダイエット効果も!レジスタントスターチの効果とは?

血糖値の上昇を抑えて『生活習慣病の予防』

レジスタントスターチは不溶性と水溶性の食物繊維の特徴をもつことから、血中に取り込まれる心配がありません。これにより、血糖値の上昇を抑えて、生活習慣病の要因となる血管の損傷を防ぐ効果が期待できます。また、皮膚細胞の糖化を抑えることから、肌のたるみ・くすみの予防効果もあるといわれています。

空腹感を軽減!『ダイエット効果』

レジスタントスターチは小腸でゆっくりと消化され、大腸へ移っても時間をかけて腸内を移動します。このため、普通のでんぷんよりも身体に吸収されるまでに時間がかかります。また、食べ物が腸内に長い間滞在することから、空腹感を感じにくくなります。レジスタントスターチはダイエット中の方にもおすすめの成分といえるでしょう。

冷やすのがポイント!レジスタントスターチの摂取方法まとめ

おにぎり、お寿司

レジスタントスターチは、冷ますことでできる成分なので、炊いたご飯を冷まして食べる必要があります。冷めて美味しいご飯といえば、おにぎりやお寿司でしょう。おにぎりなら、サケ、おかか、昆布、ツナマヨネーズなど好きな具材を入れれば、毎日でも食べれるでしょう。最近話題の握らない”おにぎらず”にすれば、もっと手軽におにぎりを楽しめるかもしれません。

酢飯なら、お稲荷さんやちらし寿司がおすすめです。ピクニックやお祝い事に作ってみてはいかがでしょうか。外食の時は、お寿司を意識的に食べるといいでしょう。

冷製ポタージュ

レジスタントスターチは豆やじゃがいも、かぼちゃに含まれます。これもお米の時と同様に冷ますことで増えるため、冷製ポタージュなど、一度火をとおして、冷ました状態で食べる料理に適しています。じゃがいもなら、冷ますことで成分が2倍に増えるともいわれています。

じゃがいもやかぼちゃなど、1種類で作るのもいいですが、何種類か混ぜたポタージュもおすすめです。また、通常牛乳や生クリームを入れますが、カロリーが心配な方は、豆乳で作っても美味しくできます。

レジスタントスターチの1日の摂取量とは?じゃがいもや煮豆がおすすめ!

レジスタントスターチの効果を得られる1日の摂取量は6~20gといわれます。白米だと100gに0.4gしか含まれていないのですが、じゃがいもならば100gに3.8g、煮豆ですと5.3gも取ることができます。白米を取りながら、じゃがいもや煮豆など、レジスタントスターチを多く含む食材を積極的にとって、1日の摂取量をみたしましょう。

ご飯を冷ましてレジスタントスターチを毎日取ろう!

レジスタントスターチはでんぷんですから、日本人の主食である白米に含まれています。しかし、炊きたての白米には含まれていないので注意が必要です。レジスタントスターチはご飯を冷やすことでできる成分なので、余ったご飯を冷蔵庫で一晩保存してから食べるようにしましょう。冷凍はせずに、冷蔵庫で4~5度くらいで冷やすのがちょうど良い温度です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加