ダイエット効果抜群!クロロゲン酸で脂肪燃焼ってどういう事?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット2_re

クロロゲン酸でアンチエイジング!脂肪燃焼も!

クロロゲン酸という成分をご存知でしょうか?コーヒー豆に主に含まれるポリフェノールの一種です。しかしコーヒーがお好きな方の中でもあまり耳馴染みがないという方も多いでしょう。実は私たちの身体のケアを助けてくれる凄い存在なのです。

こちらではその成分の凄さが一体何なのかを、具体的に述べていきたいと思います。

活性酸素を撃退!クロロゲン酸の抗酸化作用!

活性酸素は、私たちの日頃の習慣や動作から蓄積していく悪いものです。これが溜まると身体の疲れや炎症、時には重大な異常を引き起こすなど大変厄介です。抗酸化作用とは、そんな活性酸素を撃退してくれる貴重な能力です。

抗酸化作用を持つ成分にポリフェノールがあります。先に述べましたが、クロロゲン酸はポリフェノールの一種であるために同じ性質を持っており、私たちの身体を助けてくれるのです。

クロロゲン酸で脂肪燃焼ってどういう事?

脂肪を燃焼させる上で、酵素というものが必要になります。酵素の役割は、脂肪を燃焼させるための場所へ運搬することであり、それが活発であれば脂肪がよく燃えるのです。

クロロゲン酸は酵素の働きを促す効果があり、そういった面からダイエットなどへの好影響も期待出来ます。体型が気になる方には強い味方になってくれるでしょう。

やはりコーヒーを飲むのが一番効率的

クロロゲン酸はコーヒー豆に最も多く含まれています。ですから摂取にはコーヒーを飲むのが一番でしょう。お好きな方は尚更効率良く摂取出来ます。

この成分は熱に不安定なところがあり、豆を焙煎した時点でその何割かを損失してしまう特徴があるのですが、もともと含まれている量が多いだけにあまり心配する必要もありませんのでご安心ください。

クロロゲン酸は、お芋からも摂取出来ます

じゃがいもやさつまいもからもクロロゲン酸の摂取が可能です。芋類は苦手な方も少なく、使える料理が多いことも魅力だと思います。

肉じゃがやカレー、煮物や焼き芋など様々なアレンジで楽しめますので、比較的摂取しやすい食材であると言えます。コーヒーが苦手だという方は、ぜひこちらでお試しください。

目安は1日270mg!意外と簡単?

クロロゲン酸の1日の摂取量目安は270mgとされています。サプリメントなどでも成分表に記載されている数値は同じことが多いです。

これは体内で成分が現実的な効能を発揮するために必要とされている量なのですが、一般的なコーヒー1杯分に既に平均で280mgの成分が含まれていると言われており、意外なことに達成は容易に可能なのです。

クロロゲン酸の役割を理解して、今日から意識を!

いかがだったでしょうか?アンチエイジングやダイエットは、女性のみならず男性にも時と場合によっては必要になることだと思います。それをコーヒー1杯から始められるのであれば、非常に簡単なのではないでしょうか。

何だか疲れが溜まっているなと思う方や、身体の脂肪分が気になるなという方は、是非クロロゲン酸の摂取を意識してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加