ロイヤルゼリーに隠された2つの効能とは?美肌効果やイライラ改善も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミツバチ_re

ダイエット中もおすすめ!ロイヤルゼリーとは

ダイエット中の人の間で注目を呼んでいるロイヤルゼリー。カロリーオフなのに甘味があることでもよく知られているでしょう。ただ、名前は聞いたことがあっても、何なのかを知らない人が多いのではないでしょうか?ロイヤルゼリーとは、働き蜂により分泌される体液であり、非常に栄養価が高いとされています。ロイヤルゼリーは、ダイエットだけでなく、実は美肌や精神の安定などにも効果があることがわかっています。

ただし、過剰摂取はお腹を緩める恐れもあるため、摂りすぎは禁物。少量を毎日の食生活に取り入れることをおすすめします。

イライラ改善、美しい肌へ!ロイヤルゼリーの栄養素と効果

ビタミンB6で脳を活性化!『心身のバランスを整える』

ロイヤルゼリーにはビタミンB6が豊富に含まれています。ビタミンB6は、アミノ酸の働きを促進させる非常に大切な成分です。このビタミンB6により、脳が活性化され、イライラを改善したり精神的な安定をはかることができるとされています。人間は体と心のバランスが取れて心も安定してこそ、本当の意味で健康といえるもの。ロイヤルゼリーを摂って心を良好な状態に保ちましょう。

ビタミンB2が肌や粘膜を潤す!『きめの細かい美しい肌へ』

潤いがありきめの細かい美しい肌を保つためには、ビタミン類が欠かせません。ロイヤルゼリーにはさまざまなビタミン類が含まれていますが、その中でも注目したいものがビタミンB2です。ビタミンB2には肌や粘膜を潤し保護する作用があり、美しく健康な肌を作る効果があるのです。また、ロイヤルゼリーに含まれるアミノ酸にも、お肌にハリを与える働きがあります。毎日の生活に取り入れることで、美肌を目指すことができるでしょう。

煮物やデザートにも!ロイヤルゼリーの摂取方法とは?

紅茶、ヨーグルト、アイスコーヒー

ロイヤルゼリーには甘味があります。しかもカロリーフリーなので、ダイエットにもおすすめです。紅茶やコーヒーを飲む際に、砂糖ではなくロイヤルゼリーを使用してみましょう。そのほかにも、ヨーグルトを食べる際に入れるのもおすすめです。このようにドリンクやデザートに使うことで、手軽に取り入れることができるでしょう。

煮込み料理

かぼちゃの煮つけや肉じゃがなどの煮込み料理に甘味を出すためにも、ロイヤルゼリーを活用することができます。白砂糖にはほとんど栄養が含まれていない為、ロイヤルゼリーに置き換えることで栄養価が高くなります。そのほかにもドレッシングやソースを作る際に混ぜたり、鶏肉の照焼きなどを作るときにも使用してみましょう。甘辛い味付けをする際に砂糖の代わりに使うことで、毎日の料理にも気軽に取り入れることができるでしょう。

摂りすぎ注意!ロイヤルゼリーの1日の摂取量とは?

ロイヤルゼリーの1日の摂取量は500~3000mgが目安といわれています。体質や体の大きさなどによって変わってくるので、状況を見ながら自分に合った量を摂取することを心がけて下さい。最初は少量から取り始めて、体調を見ながら徐々に増やしていくといいでしょう。また、上限は決まっていませんが、摂りすぎるとお腹がゆるくなって下痢をしてしまうことがあるので、過剰摂取に注意しながら毎日の生活に取り入れましょう。

砂糖の代わりの甘味料としてロイヤルゼリーを取り入れよう!

ビタミン類やアミノ酸などが豊富に含まれており、さらにカロリーフリーであるロイヤルゼリー。甘味成分でもあり、毎日の食生活において砂糖の代わりに取り入れやすいことも嬉しいですね。お肌につやと潤いを与えるので、美肌を目指す人にはおすすめです。またダイエット中の人や老化が気になる人、またストレスを感じやすい人なども積極的に摂取するといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加