ダイエットで便秘に…そんなときは無脂肪タイプのヨーグルトで毎日快便

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

124_出産_re

岡山県で夫と二児の母で専業主婦、34歳

妊娠、出産を経てなかなか痩せない身体に

2人の子供の妊娠、出産を経験し見事に産後太りを経験しました。長子の妊娠時には出産経験のある友達や周りの人たちから「今、太っても出産して授乳してれば大丈夫」と言われ、変な安心感を持ち出産しました。そこから授乳中は確かに体重の増加などはなかったのですが、妊娠中はまだしも出産してからとなると自分のことは後回しになり、子ども中心の食生活になりました。

やはり、子供は洋食を好みます。同じものを食べるので私にもブクブクと栄養がついていきました。更に育児によるストレスから食べてしまい、産前の体重に戻ることはありませんでした。そして2人目の出産、授乳を経てこのままではメタボに引っかかってしまう!と食生活の改善に取り組むことにしました。

血液サラサラを目指してレコーディングダイエットを開始!

まず、最初にしたことは摂取カロリーをきちんと把握することにしました。それまでも、自分の体重が減らないから食べ物のパッケージの後ろを見たりしてカロリーを気にはしていましたが、それをきちんと把握することはしてなかったのです。

当然のことですが肉食はカロリーが高いので魚中心の生活になりました。油もサラダ油よりはオリーブ油の方が身体に良いと聞き、なるべく炒め物をするときもそっちを使うようにしています。最近ではレシピにカロリーが載っていることが多いのでそれを活用するようになりました。そしてどうしてもお腹がすいたときは無脂肪のヨーグルトを食べるようにしています。

ダイエットにつきものの便秘撃退にヨーグルト!

やはりダイエットをしようとすると便秘がちになってしまいます。これは身体の正常な反応で仕方のないこと、と以前看護師をしている友人から聞きました。便秘がちになってしまうのでここはやはり乳酸菌が必要だ!と感じ、ヨーグルトを常備するようになりました。私が一番、好きなのは明治ブルガリアヨーグルトの無脂肪タイプです。

もともと、甘いヨーグルトがあまり好きではなかったので何の抵抗もなかったです。ヨーグルトを食べるとやはり快便ですし、気分も爽快で化粧のりもとてもいいように感じます。たったこれだけのことですが、気分が違うと毎日の食生活にハリがでて、元気がみなぎってくるような感じがします。

明治ブルガリアヨーグルトは私にあっている

レコーディングダイエットをしている私にとってやはりローカロリーでお腹いっぱいになる食材と言うのが魅力的です。ダイエットというと空腹がつきまとうイメージですが、そうではないというのがレコーディングダイエットの教えです。その中でもやはり低カロリーの海藻、鳥の胸肉、おから、豆腐、ヨーグルト、青魚、生野菜はとても強い味方なのです。

同じカロリーをとるにしても内容によって食生活も満たされますし、ダイエットをしている、というストレスも軽減されます。また栄養成分にも興味を持つようになり、コレステロールの低いものを摂取するように心がけています。買い物に行くときに「トクホ」のマークが付いているものをみると安心しますし、手に取る機会も増えました。調理法や子供のメニューとの兼ね合いなど、手間のかかることも多いですがダイエットを始めて3カ月。始めたときより5キロの減量に成功しました。毎日、心から元気に過ごせるようになれて良かったと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加