好きなものばかりはダメ!野菜を食べて便秘解消、お腹周りをほっそり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

37_緑黄色野菜_re

2歳になる一児の母で、現在専業主婦をしています。育児で手一杯なので、しばらく復職する予定はありません。料理は好きなのですが、子供用と大人用の二種類を作らなくてはいけないので、毎日献立作りが大変です。

最近痩せづらい…好きな物ばかり食べ過ぎ?

最近、年をとったなあ、と感じています。どれだけカロリーを控えた食事をしても、運動を心がけていても、どんどんぜい肉が増えていくのです。特にお腹周りは浮き輪がついているような状態。主人のお腹周りも同様。英語ではこういうお腹を「スペアタイヤ」というそうで、まさに…ですよね。

夕食で思いっきり食べて、さらに主人の好みに合わせるとどうしても脂っこいものが多くなり栄養バランスが崩れるのでしょう。育児で忙しいとつい簡単で食べやすいものを作りがちになります。子どもが生まれて毎日バタバタだったので、十分運動をしているつもりになっていたのも良くなかったのでしょう。育児や家事は忙しい割にあまりカロリーを消費しないものだとわかりました。

野菜嫌いだった主人もついに野菜を食べるように

主人は野菜嫌いで、以前は肉や魚などのたんぱく質ばかり摂りたがっていました。野菜メインの料理にすると肉が足りない、湯豆腐にすれば鶏肉を入れろと、途端に機嫌が悪くなるので困っていました。

しかし最近痩せにくくなったことを気にしていたようで、「野菜が少ない」と言うようになりました。これがチャンスと、夕食を野菜中心のメニューにするようにしました。手軽に作れる電子レンジチンの温野菜や、野菜たっぷりの鍋料理をよく作るようにしています。

産後の便秘には野菜が一番てっとり早くて効果がある

出産前まで便秘とは無縁だったのですが、産後は便秘になってしまいました。自分の時間が取れなくなったストレスや、バタバタしていて水分が十分に飲めないこと、筋力が低下したことなどが原因だと思います。特に水分は母乳づくりに必要なものです。母乳は母親の体内の血液と水分から作られているので、授乳中は出産前より多く水分を摂らないと便秘になってしまうのです。主人も肉ばかり食べて繊維質が不足していたからか、便秘体質でした。

しかし、野菜中心の料理を食べるようになって、テキメンに効果が現われました。私は牛乳やヨーグルトで下痢をしてしまう体質なので、便秘でも下痢でもない正常な便が出るのはとても嬉しいです。主人も便秘が解消され出したようです。

野菜中心はコストがかかるが、健康には代えられない

野菜は安いというけれど、それでも昔に比べればずい分高くなりました。白菜が4分の1で100円もするのにびっくり。数種類の野菜を食卓に出すと、それだけで数百円かかります。また、野菜は種類によって保存方法が違うので、それも考えて買うようにしています。できるだけ旬のものを安く手に入れて、体調管理に努めたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加