「α(アルファ)リポ酸」でリバウンドなしのダイエット!アンチエイジング効果も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット2_re

「α(アルファ)リポ酸」は、私たちの体内にあるすべての細胞内にある成分です。ですが、加齢と共に減少するため、食事やサプリから摂ることが推奨されています。いったいどんな効能があるのでしょうか。

「α(アルファ)リポ酸」とは

「ミトコンドリア」という言葉を聞いたことがあると思います。細胞内にあり、生命を維持するためのエネルギーを作り出している組織です。そのエネルギーの元となるのがAPTという物質なのですが、APTを作る作業がうまく行かなくなると、疲労や生活習慣病の発症につながってしまいます。このAPTを作る働きをサポートするのがα-リポ酸です。水溶性かつ脂溶性なので、どんな細胞にも入り込むことができ、ミトコンドリアがエネルギーを生成する助けとなるのです。

「α(アルファ)リポ酸」の効能

α-リポ酸の最も素晴らしい効能が、活性酸素を除去する抗酸化作用です。ビタミンC・Eなどにも抗酸化作用はありますが、その400倍の作用があるとされています。また、糖質をスムーズに代謝する抗糖化作用もあることがわかり、注目されています。

ダイエット効果

炭水化物や糖類はブドウ糖に変換されると素早くエネルギーになりますが、摂り過ぎると脂肪細胞に貯めこまれてしまいます。α-リポ酸にはミトコンドリアを活性化させる作用があるので、糖質の分解を促進し、エネルギーとして消費してくれます。また新陳代謝が活性化するので脂肪燃焼しやすくなり、ダイエットにつながります。しかも、リバウンドしにくい体質になると言われています。

疲労回復作用

α-リポ酸はミトコンドリアがエネルギーを生成する助けとなるため、疲労回復作用があります。また、強い抗酸化作用によって活性酸素が除去されるので、細胞が元気になり疲れにくくなり、病気と闘う力もつきます。

美肌作用・アンチエイジング

美肌にはコラーゲンとエラスチンが大きく関係しています。ところがこれらの成分は炭水化物の摂り過ぎによって糖質がうまく代謝できなくなると、たんぱく質と結びついてしまいます。これを「糖化」と言い、肌が硬くなり、弾力やハリが失われ、シワやたるみの原因となります。α-リポ酸には抗糖化作用があるため、コラーゲンやエラスチンを糖化から守り、美肌を守ってくれます。また、活性酸素も肌の老化を早めると言われていますが、α-リポ酸が持つ抗酸化作用とダブルで肌に働きかけてくれるのです。

糖尿病予防・治療

糖尿病とは、糖がエネルギーとして使われず血液内に残ることから血糖値が上がり、発症する病気です。α-リポ酸には、糖質をエネルギーに変え、血糖値の上昇を抑える作用がありますので、糖尿病の予防や治療効果があります。ヨーロッパでは糖尿病治療薬として認められています。

抗がん作用

酸化ストレスでがん細胞が活性化することがわかっています。α-リポ酸の強い抗酸化作用によって、がん細胞の増殖を抑えたり、抗がん剤が効きやすくなったという結果が報告されています。また、ミトコンドリアにはがん細胞を殺す「酸化的リン酸化」という作用があるのですが、その作用が弱まると発症しやすくなると言われています。α-リポ酸によってミトコンドリアが活性化すると、「酸化的リン酸化」が高まり、がん細胞を殺してくれるのです。

α-リポ酸を摂取するには

このような多くの効能を持っているα-リポ酸ですが、残念ながら食材にはあまり含まれていません。レバー、ほうれん草、にんじん、ブロッコリーなどが比較的多く含有していますが、効果が出るほどの量ではありません。1日100mg~300mg摂取することが推奨されていますので、サプリメントを利用しましょう。1日2回に分け、食事の30分ほど前に摂取すると吸収が良くなりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加