有害物質を排出するデトックス効果がある「フィコシアニン」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消化_re

有害物質を排出するデトックス効果があるフィコシアニン

フィコシアニンは色素タンパク質の一つで、海苔などに多く含まれている成分として知られています。

この成分には身体の酸化現象を防ぐ作用があるとされているので、肌や髪の老化を防止して若さを保つ働きがある事が知られています。また体内に採り込まれた身体に有害とされる物質を、体外に排出する効果が認められています。

身体の酸化に抗うフィコシアニン

フィコシアニンは身体に負荷がかかる事で発生すると言われている、有害な酸素の働きを抑える効果が認められているので、有害な酸素の活動でダメージを受けてしまう皮膚の細胞や口内の粘膜組織を保護して再生する活動を促します。

また酸化を防ぐ効果も認められているので、免疫機能を向上させて身体の健康な状態を維持します。

体内に蓄積していく有害物質を洗い流すフィコシアニン

フィコシアニンは体内に蓄積してしまう、さまざまな有害物質を身体の外に排出する作用があるとされているので、有害物質の蓄積を原因にした肌荒れや老化などの症状を軽減する事が出来ます。

またそのような有害な物質を排出する作用の効果を受けて、疲労の緩和や倦怠感の解消などにもつながるとされています。

お寿司を食べて採るフィコシアニン

フィコシアニンを多く含んだ食材として有名な海苔をたくさん食べる事が出来る料理はというと、手巻き寿司なら一回の食事でたくさんの海苔を食べる事が出来るのでとても便利です。

手巻き寿司の場合は具材なども刺身などの魚介類や、レタスなどの野菜などを同時に摂取することが出来るので、栄養素の観点からも最適な料理です。

海苔の佃煮を毎朝食べてフィコシアニンを毎日補給

フィコシアニンを多く含んだ海苔を、継続的に摂取するのに便利な料理としては海苔の佃煮が人気です。

海苔の佃煮なら毎朝ご飯と一緒に食べる事が出来るので、この成分を継続的に身体に採り入れる事が出来るでしょう。また海苔の佃煮はお吸い物などに入れる事も出来るので、それらの料理と組み合わせる事でより効果的にこの成分を摂取出来ます。

一日のフィコシアニンの適正摂取量としては3gから6g

フィコシアニンの摂取量として、推奨されている量としては一日3gから6gとされています。

海苔を習慣的に食べている方なら比較的簡単にこの量を摂取する事が可能ですが、食べる習慣のない方は摂取出来ていない場合が多いので、それらの場合には海苔をさまざまな料理に取り入れて、安定的な摂取を心掛けましょう。

抗酸化作用とデトックス効果で健康を維持するフィコシアニン

フィコシアニンは海苔などに多く含まれていて、光合成色素の一つとして知られています。

この成分には身体の酸化などの、身体に害のある現象を緩和する抗酸化作用が確認されているので、美肌効果などがあるとされています。また体内に溜まりやすい有害な物質を体外に排出する、いわゆるデトックス効果も認められているので、それらの効果に関心のある方は憶えておくと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加