潰瘍性大腸炎からの復活にはビフィズス菌が効果的!ヤクルトで善玉菌を増やして

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳酸菌飲料_re

千葉県在住のシングルマザーです。実家暮らしで2人の子供を育てています。子供は小学2年生の双子の兄弟です。平日昼間は仕事に出ています。金曜日は子供の習い事の都合もあり在宅で仕事をしています。いずれも座り仕事です。

潰瘍性大腸炎になって

子供の頃から便秘症でした。ただ、人によっては1週間に一度でも便通があれば特に気にする必要はないとの話を聞いたこともあり、そんなに気にせずに生活してきました。しかし、子供を出産してからストレスもあったせいか便秘がひどくなってきました。そんな中、5年ぐらい前に急に下痢をするようになり、下血までしてしまったのです。祖母が大腸がんを患っていましたので、私もなってしまったと思いましたが、検査をしてみたところ、潰瘍性大腸炎という病気でした。若い人が発症しやすいとのことでしたが、最近は患う人が増えている病気のようです。一番辛かったのは電車通勤時の急激な腹痛と下痢状の便意をもよおす事でした。

薬の効果とヤクルト

薬は毎日飲まなければいけませんでしたが、この病気は完治するということがないと言われていて、それが逆に大変なストレスになっていました。また、薬は飲み続けると効き目が無くなるとも薬局の方に言われた事があったので、飲みたくないというのが正直な思いでした。とにかく腸を健康にしなくてはという思いで、ヨーグルト等乳製品をよくとるようになりました。その中でも毎日欠かさず飲み続けているものがあります。それはヤクルトです。

ビフィズス菌で腸内を善玉菌でいっぱいに

ヤクルトにはビフィズス菌が入っている為、それが腸内を善玉菌でいっぱいにしてくれるのだそうです。もちろんそれ以外にも、肉や油ものは多く取りすぎないだとか、納豆やバナナを積極的に食べたり気をつけている事はありますが、それだけでは腸内環境を改善することは出来なかったのではないかと思っています。それにはビフィズス菌の力を借りて良いものに変化・作用させていると感じます。

飲むことを習慣にしてしまう

ヤクルトさんが毎週土曜日に訪問してくれるので、忘れずに飲むことが出来ています。気にして飲み続けてから3年ほどたつと思います。その間、処方された薬は飲むのをやめました。飲み始めて1年ほどで下痢・腹痛をほとんどしなくなったからです。下血に関しては一度もありません。習慣化してしまったのでストレスも感じず、逆に飲まないと不安になるほどです。味もおいしいですし、子供も欠かさず飲んでいます。そのおかげか今年はインフルエンザにはなりませんでした。私も同様です。本当にヤクルトには感謝しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加