女性が男性より便秘になりやすい理由とその対策まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水分_re

男性は下痢症、女性は便秘症・・・なぜ女性は便秘になりやすい?

男性は便秘より下痢に悩む人が多いと言われます。男性の約3割が下痢症なのだとか。それに対し、女性の約5割が便秘症だそうです。男性が下痢になりやすい理由の一つは、男性のほうがストレスに弱いため、ストレス性の下痢を起こしやすいのです。また、女性より暴飲暴食する人が多いため、消化不良になりやすいのだそうです。

対する女性の便秘は、筋力が弱いために腸を動かすための腹筋がうまく働かないこと、骨盤が広いせいでその近くの腸がぜん動運動を起こしづらくなること、そしてホルモンバランスが乱れやすいこと、などが挙げられます。

女性ホルモンの黄体ホルモンが便秘の原因を作る

女性ホルモンの一種の黄体ホルモン(プロゲステロン)は、女性の体を妊娠に適した状態にするホルモンです。流産を避けるために腸の働きを弱める作用があるとされ、腸のぜん動運動を弱めてしまうため便秘しやすくなります。また、このホルモンは体内の水分を保持する働きもあります。そのため、便の水分が減ってしまい硬くなり、なかなか排出されなくなるのです。生理前に便秘になりやすいのは、黄体ホルモンの分泌が活発になっているからです。

過度なダイエットも便秘の大きな原因に

もう一つ多いのが、過度なダイエットによる慢性的な便秘症状です。これは特に若い女性に多く見られますが、便の元となる食品の摂取量が極端に少なくなると腸の働きが弱くなり、排便しようとする反応が出なくなるのです。

また、ダイエット中は脂質をカットすることが多いのですが、脂質に含まれる脂肪酸は腸の動きを活発にする作用があります。そのため、極端に油抜きをしてしまうと腸が正常に働かなくなってしまいます。さらに、ダイエット中はストレスを溜めやすくなります。ストレスは交感神経を優位にさせ、体を緊張状態にします。すると腸がうまく働けなくなるのです。

これらの原因で便秘になると、腸内の悪玉菌が増えます。また、便の老廃物や毒素が血液中に溶け出し、全身を巡ってしまいます。また、悪玉菌が血液中にガスを送り込み、それが口臭や体臭となって現れることもあります。

さらに運動不足で…

そして、運動不足も見逃すことのできない問題です。男性と比較した場合、一般的に女性は腹筋が弱く、ただでさえ腸のぜん動運動が弱くなりがちです。そこへ運動不足が重なったら?ますます腹筋が弱くなり、便秘が起こってもおかしくない状態となることがわかります。

朝食を摂りましょう

手っ取り早く便秘を解消したいのであれば、朝食をしっかり食べることです。朝食を食べると胃腸の働きが活発になるので、便秘の解消につながります。また脳の働きも活発になるので朝からアクティブに動く気力が出ますし、効率よく家事や仕事をこなすことができるようになります。

特に腸を刺激する食材は海藻類、オリゴ糖、オリーブオイルなどです。わかめたっぷりのお味噌汁や、オリーブオイルでドレッシングを作ったサラダ、オリゴ糖入りのヨーグルトなどはいかがでしょう。

水分の摂取量を増やしましょう

便秘が長く続く場合、水分の摂取量が少ないのかもしれません。便秘がちな方の多くは、水分の摂取量が不足しているものです。人肌以上の温度の水分を、毎日1リットル以上摂取することを心がけましょう。冷たい飲み物は喉越しが良いので飲み過ぎてしまい身体を冷やす原因となります。

青汁やグリーンスムージーも繊維質が多いのでおすすめ

繊維質の多い野菜は便秘解消の決め手です。とはいえ、毎朝野菜をたっぷり使った料理を作るのは大変です。そんな時には青汁やグリーンスムージーをおすすめ。飲みやすく、手軽に野菜の食物繊維をたっぷり摂ることができます。

原因はいろいろありますが、女性は元々その内蔵の配置やホルモンの関係で便秘になりやすいのです。上に挙げた方法を一つずつ試して、便秘から解放されて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加