深夜の夕食は豆腐や納豆がおすすめ!ダイエットと美肌にも効果あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

90_大豆_re

広島県で一人暮らし中の30代女性です。転勤で実家を離れたのですが、販売業でシフト制なので食生活がメチャクチャに。夕食が午前様になることがほとんどという状態です。生活も不規則になり、就寝が午前2時過ぎになることがあります。

深夜に炭水化物を夕食にするため太りやすい

仕事が終わって夕食を食べるのが深夜のため、コンビニでパンなどを購入することが多く太ってしまいました。疲れている上夜遅いと自炊する気がおきず、出来合いのもので済ませてしまったりしています。寝る前に炭水化物を取ると太りやすいというのは頭ではわかっているのですが、人間は疲れた時には早くエネルギーになる炭水化物や糖分を欲しがるようになっているそうです。でも、できれば改善して体重を落としたいと思っていました。

就寝も深夜になるため、代謝が落ちてきていると感じています。肌も荒れがちで、化粧のりが悪いことが多いです。このままだと生活習慣病やメタボになってしまうのではと不安に思っています。

深夜の夕食を大豆製品にチェンジ

お腹がすいたままでは眠れないので、炭水化物でお腹を満たす代わりに、生野菜と豆類を食べることにしました。納豆とおから、豆腐は冷蔵庫に常備するようにしました。豆腐は大き目のものを一丁食べるとかなりお腹がいっぱいになります。納豆も1パックでお腹にたまるので、パンなどを食べなくても十分に感じられるようになりました。おからもいろいろと調理法を工夫してバリエーションを出すことで、飽きずに食べることができます。

この3つでローテーションすれば、飽きることがないので、パンにも手を出さずに済みます。

大豆の美肌作用と血液サラサラに期待しています

豆腐やおからには美肌成分であるイソフラボンが豊富、というのを聞いて豆腐を食べるようになりました。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをし、コラーゲンの生成を助けてくれます。そのためしみやしわ、うるおい不足を補ってくれるというのを聞き、荒れがちだった肌の改善ができるかと期待しています。おからは便秘解消にも効果ありそうです。

また、納豆に含まれるナットウキナーゼには、血液をサラサラにする効果があると聞き、夜食に食べることにしました。煙草を吸うので、動脈硬化なども予防できるのであればと思い、ほぼ毎日食べています。

豆腐も納豆もおからもコスパ良し

豆腐と納豆はコンビニでも購入でき、しかも100円程度で販売しているので入手しやすいです。おからもスーパーで100円ほどで購入し、分割したものを冷凍しておけば簡単に常備できます。どれもそのままで、あるいは少し手間を加えるだけで食べることができるものなので、夜遅くの食事でも面倒くさくないです。

豆類中心の夕食にしてから、少し体重も落とせました。また肌荒れも少し改善されてきたのか、吹き出物が出なくなってきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加