大豆イソフラボン驚くべき効能!ホルモンバランスを整えて、女性のトラブル解消!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

110_大豆_re

大豆イソフラボンとは

大豆イソフラボンとは、大豆に含まれるフラボノイドの一種で、大豆製品に多く含まれています。大豆は昔から、健康をもたらす食材としてアジアを中心に食べられてきました。特に日本人には、和食という文化があり、味噌や醤油、豆腐、納豆など大豆製品を多く摂ってきた歴史があります。そのため、積極的に摂取しなくても十分な大豆イソフラボン量を満たしているので、和食中心の生活をしていれば不足することはほとんどありません。

しかしながら、現代の食生活は欧米化が進み、大豆製品を摂らない人が増えているため、大豆イソフラボンが不足している人が多いのが現状です。エストロゲン様作用や抗酸化作用といった、女性に嬉しい効果だけでなく、免疫力アップなどの健康効果もあるので、男女問わず積極的に摂ってほしい成分です。

大豆イソフラボンの効果

ホルモンバランスを整える

大豆イソフラボンには、エストロゲン様作用という働きがあります。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2つがありますが、大豆イソフラボンは、体内でエストロゲンと同様の働きをしてくれるのです。女性は、女性ホルモンのバランスが乱れると精神的に不安定になったり、生理のトラブル、肌荒れや抜け毛、心臓や血管のトラブル、認知機能低下など、健康と美容に大きく影響をもたらします。

大豆イソフラボンを摂取すると、体内でエストロゲンのように作用するので、ホルモンバランスが整い、これらのトラブルが解消されるのです。

美容効果

大豆イソフラボンには高い抗酸化作用があります。体内に発生する活性酸素は、本来はウィルスなどから体を守るバリアのように働きますが、増えすぎると細胞を破壊して体自体を老化させて、様々なトラブルを引き起こします。大豆イソフラボンを摂ると、その抗酸化作用により細胞が活性化し、美肌効果や病気予防の効果が期待できます。

大豆イソフラボンの効率的な摂り方

加熱する

栄養素の多くは熱や冷えに弱いという性質がありますが、大豆イソフラボンは、加熱したり冷凍しても、減ったり変質しにくい特徴があります。また、変質しにくいだけでなく、加熱すると吸収力が上がることもわかっています。そのため、冷奴や冷えた豆乳をそのまま摂るよりも、熱を加えて湯豆腐や煮豆などにすると、より効率よく摂取できるでしょう。

煮汁も一緒に摂る

熱や冷えに強い大豆イソフラボンは保存もしやすい成分ですが、免疫力を高めるサポニンは水に溶けやすいという特徴があるため、煮る場合は煮汁も一緒に摂取したほうがよいでしょう。大豆は煮ると、大豆に含まれる灰汁などが出てイソフラボンの量が10%から25%ほど減ってしまいますが、効果が無くなってしまうわけではありません。煮る場合は灰汁が出ないように強火を避けて煮ることがポイントです。

大豆イソフラボンを過剰摂取すると・・・

大豆イソフラボンには、抗酸化作用やエストロゲン様作用があるため、多く食べるほど効果が得られると考えがちです。しかし、日本では一日の目安摂取量の上限は76mgとしており、上限量以上を摂取をすると、子宮や乳房の病気リスクを高めたり、ホルモンバランスの乱れ、胃腸の不調などが起こる可能性があるといわれています。大豆イソフラボンは、食品から摂る分には、過剰摂取になる心配はなく、副作用の報告もありません。

しかし、サプリメントでは過剰摂取になる可能性が高く、副作用の危険があるので注意が必要です。サプリメントで摂る場合は、食品で摂った大豆イソフラボンの含有量を把握し、サプリメントで摂った大豆イソフラボンの量との合計が76mgを超えないことを確認しながら摂取するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加