コンビニ弁当生活で健康になりたいなら、ちょっとの手間をプラスして

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

根菜_re

山梨で一人暮らしをしている独身38歳です。朝6時に材料を運び入れ、夜7時まで工場で勤務しています。最近一人暮らしを始めたばかりで、料理はほとんどしたことがありません。実家は車で30分くらいの隣町にあり、父と兄が住んでいます。週に1度は顔を見せに行くようにしています。

料理は苦手。でもコンビニ弁当ばかりで体調を崩すように

一人暮らしを始めたばかりの上忙しく、家にいる時間=睡眠時間という感じで、料理する時間がなかなか作れません。また調理スペースも狭くて、料理も苦手、買い物も面倒となると、ほとんど会社帰りのコンビニ弁当で済ますことになってしまいます。弁当はカロリーばかり高くておかずの量も種類も少ないため栄養が偏り、冷え性気味です。

風邪にかかりやすくなり、時々便秘になります。12時間以上働いているせいか疲れが取れず、体がいつもだるいです。その上職場では先輩方が厳しいのでミスしないように常に心身ともに緊張しています。

コンビニ弁当に手製のおかずを加えるように

朝食は玄米の上に納豆と梅を混ぜて乗せたのもの。夜はコンビニ弁当だけでは栄養が偏るので、ジャガイモや玉ねぎ、にんじんなど根菜を薄切りしたものを加熱し、マヨネーズ、塩コショウ、しょうゆ、山椒などで味付けして食べています。夕食を手作りする時は、おかずとして根菜と豚肉を油炒めしたものを作ります。デザートはコンビニで買ったBIOというヨーグルトを食べています。コーヒーが好きなので、いつも自宅で作ったものを会社に持っていっています。

納豆、梅、根菜は疲労回復や冷えに効果がある

納豆のナッウキナーゼで元気になると聞きました。ビタミンB群が含まれているので、疲労回復効果があるそうです。また梅の塩分が体の冷えに、クエン酸が疲労回復に良いので、朝食べています。梅干しは「食べていれば医者要らず」と昔から言われているほど疲労回復効果があり、血行もよくするそうです。

コーヒーはカフェインで脳を覚醒し、香りは脳にアルファ波を生じさせてリラックスできます。またBIOに含まれているビフィズス菌は生きて腸まで届き、腸内環境を良くして快便につながります。ジャガイモのビタミンB群は血糖値を下げたり疲労回復効果があり、ビタミンCは活性酸素を除去する働きがあります。玉ねぎのケルセチンや硫化アリルは血中の抗酸化作用を強化する作用があり、血液サラサラ効果や血管保護が期待できます。

腸内環境を良くしたりビタミンCの吸収を高める働きもあります。にんじんのカロテンは粘膜を保護するので風邪予防に、豚肉に含まれるビタミンB1は疲労回復効果があります。

簡単な料理で冷えが改善、便秘も解消した

朝の梅+納豆は酸味とたれの甘さがマッチしてご飯が進みます。満腹にはなりませんが、昼まで体力が持つようになりました。夜の根菜おかずは電子レンジで5分加熱してマヨネーズをかけるだけですから簡単です。野菜も摂れるしお腹も膨れます。根菜で体が温まるようになったのか、冷えで眠れないこともなくなりました。ヨーグルトと根菜のおかげで快便です。

料理が苦手でも、電子レンジと少しの工夫で健康的な食事ができます。市販の惣菜に含まれる添加物は体に良くないというし、手抜き手料理を続けていくつもりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加