脳の神経に作用して集中力アップ!チョコレートに含まれるテオブロミン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレート_re

「テオブロミン」はカカオに含まれている成分で、チョコレートやココアの苦み成分です。アルカロイドの一種とされていますが、アルカロイドの多くは脳にある種の影響を及ぼします。代表的なアルカロイドがモルヒネ、アドレナリン、エフェドリン、コカイン、ニコチンなどと言えば、何となくおわかりかと思います。とはいえ、テオブロミンの場合、よほど大量摂取しない限り問題はありませんからご安心を。今回はこの成分についてまとめました。

「テオブロミン」とは

テオブロミンはカカオ豆やマテ茶、チャノキ、ガラナ、コーヒーノキなどに含まれていて、脳を活性化し、集中力や記憶力を高める作用と同時にリラックス効果もあります。カフェインと同様の作用がありますが、カフェインほど強くありません。

脳の神経に作用して集中力をアップする

テオブロミンは大脳を刺激し、集中力や記憶力を高めるという作用があります。中枢神経刺激薬として医療の現場でも使用されています。

自律神経に作用してリラックス効果

脳内のセロトニンという「幸せホルモン」に働きかけ、心のバランスを取りリラックスさせる効果があります。

血流を良くして冷え性改善

テオブロミンには毛細血管の血流をよくする作用があります。毛細血管を拡張させて血行を良くし、酸素や栄養素を末端にまで運んでくれます。そのため冷え性やむくみに効果があると言われています。

基礎代謝を高めてダイエット効果

血管を広げ血行をよくするため、基礎代謝率がアップします。すると体温が上がり、エネルギー消費率もアップするのです。さらに脳内のセロトニンに働きかけ、食欲を抑える作用もあると言われています。

生活習慣病予防にも効果を期待

研究によるとテオブロミンに脂肪分解作用があることがわかり、高脂血症予防や生活習慣病予防に効果が期待されています。

コーヒー以上の利尿作用

テオブロミンには利尿作用があります。これはカフェインより強いと言われており、利尿薬としても使われています。

テオブロミンを効率的に摂る方法

最も手軽にテオブロミンを摂るならチョコレートでしょう。ココアでも良いのですが、ココアはカカオ豆のカカオバターを除いてあるため、カロリーは低くなりますがその分テオブロミンも少なくなります。

また、ダイエット目的にもチョコレートの形で摂るのがおすすめです。ココア豆のポリフェノールはテオブロミンの体重増加抑制作用をサポートすることが実験でわかりました。テオブロミンには脂肪蓄積抑制作用があり、ポリフェノールには脂肪燃焼促進効果があるため、よりダイエット効果を期待するのなら、ココアより有効成分が多いチョコレートのほうがよいでしょう。

さらに、カカオエキスで調査したところ、カカオエキスには強い抗酸化作用があることがわかりました。テオブロミンのリラックス作用が活性酸素発生の原因とされるストレスを軽減することも合わせ、生活習慣病予防やアンチエイジング効果も期待されています。

このように各方面で効果が期待されているテオブロミンですが、興奮作用もあることから摂取量には気をつけましょう。特に高カカオを謳うチョコレートはカロリーが高めで、テオブロミンが普通のチョコレートの4倍近く含むものもあります。通常のチョコレートで1時間に1片食べれば精神作用は充分効果があると言われていますので、ピンポイントで摂るようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加