腸内の乳酸菌の活動を支える!ラクトトリペプチドでキレイな腸をキープしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

81_腸_re

血管を健康にするラクトトリペプチドで血行促進!

ラクトトリペプチドは牛乳を発酵させる際に発生する成分です。

この成分は血管の収縮に関わる神経細胞に作用して、その動きを抑制することが知られているので、血管の収縮を原因にした血液の循環の滞りなどを予防する作用があります。また乳酸菌が腸の中で働く際の補助をする役割も担っているので、大腸の規則的な運動を支えています。

ラクトトリペプチドは腸内の乳酸菌の活動を支える!

ラクトトリペプチドは腸内で活動してその環境を整えている乳酸菌の働きを支える役割を果たしているので、腸内を安定的な状態でキープすることが出来ます。

また乳酸菌は腸の規則的な運動にも関わっているので、その活動が活発になることで腸内の健全な環境を保つことになり、さまざまなトラブルの予防や対策に貢献します。

血管の収縮を防ぐ効果のあるラクトトリペプチド

ラクトトリペプチドには血管を収縮させる神経に対して、その働きを抑制する作用があることが認められているので、血管の収縮を要因にして引き起こされる、血液の活動の減少などの症状を緩和する効果があります。

ですのでこの成分を摂取することで、血行を良くすることにつながり、身体の新陳代謝を促します。

ラクトトリペプチドが含まれた飲料をミックスジュースに使う!

ラクトトリペプチドが配合された飲料を、さまざまな果物と混ぜてミックスジュースにして摂取することで、この成分の効果をより効果的にすることが出来ます。

この成分が含まれた飲料はそのまま飲むことでも充分に栄養を採ることが出来ますが、バナナやブルーベリーなどと同時に摂取することで、多様な栄養素を同時に採り入れることが出来るので、より身体の健康促進につながります。

ラクトトリペプチドを含んだヨーグルトを継続的に摂取!

ラクトトリペプチドが多く配合されたヨーグルトは、果物などを添えてそのまま食べるのが簡単ですが、少し工夫することでより効率的に継続的な摂取が可能になります。

例えば豆乳などと混ぜて、それでケーキやスフレを作れば、豆乳の豊富な栄養素も同時に摂取することが出来るので、より効果的この成分を身体に採り入れることが出来ます。

ラクトトリペプチドの効果が期待出来る摂取量は3mg

ラクトトリペプチドの適正な摂取量としては3mgとされています。

この量ならこの成分が配合されたヨーグルトや乳酸飲料を、日常的に口にしていれば安定的な摂取が可能ですが、すべての乳酸飲料にこの成分が含まれているわけではないので、この成分が配合されている製品を意識して購入するようにしましょう。

血管の緊張を緩めるラクトトリペプチドで血液の滞りを解消!

ラクトトリペプチドは牛乳の発酵に関与している乳酸菌です。

この成分には血管の緊張を取り除く作用が確認されているので、血液の流れを良くして身体の隅々まで血液を送る活動に貢献しています。また腸内での乳酸菌の活動を補助する役割を担っていて、腸内の安定化を基礎的な部分で支えていますので、それらの効果に興味をお持ちの方は憶えておきたい成分と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加