最近よく見かけるLG21菌入り食品 一体何に効果があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

147_冷え_re

最近、スーパーやコンビニでよく見かけるLG21菌入りのヨーグルト。何となく体にいいことはわかるのですが、その詳しい効果となると知らない人も多いのでは?
実はこのLG21菌には、体内に入ると生きたまま腸まで進み、腸の活動を活発にしてくれる嬉しい効果が。しかも、腸の活動が活発になると、体の調子も格段に良くなるらしいのです。

腸の活動は健康に比例する? 腸と疲労回復の深い関係

寝ている時に体を休め、体力を回復させている私たち。実は腸の活動が活発になると、疲れにくい体に近づけることが明らかになっています。逆に腸の活動が悪いと消化活動がうまくいかず、疲労回復までいきつきません。その疲労回復の要、腸の活動を活発にする手助けとなるのが、LG21菌なのです。腸の活動が活発になれば、消化活動も活発化。疲労回復に役立ち、疲れにくい体づくりができるのです。また、女性の大敵冷え性にも有効なLG21菌。腸の働きが活発になると、血液が体全体をスムーズに巡るようになるから当然ですよね。特に冷え性の人にとっての悩みは手足の冷え。これは、血液が体の末端まで行き届いていないのが理由です。腸の働きをよくして、血の巡りをスムーズに。これが冷え性改善の最大の近道のようです。

LG21菌を効果的にとるためには?

LG21菌をもっとも効果的に摂るためには、やっぱりヨーグルトが一番簡単で効果的です。ただ、毎日同じものを毎日食べるとなると飽きてしまうのも当然。そんな時はヨーグルトにひと手間加えて美味しくアレンジしてみましょう。おすすめなのは、ヨーグルトムース。ヨーグルトに生クリームとゼラチンを加えて混ぜ、冷やし固めれば出来上がり。アクセントに下地にクッキーを砕いたものをタルトのように敷き詰めてもいいですね。特別な調理器具も火を使う必要もありません。簡単にできるので、ぜひ試してみてはいかがでしょう。また、LG21菌入りのヨーグルトを飲み物に変えてしまうのもおすすめです。ヨーグルトとお好みのフルーツ、ジャムなどをミキサーに入れ撹拌すれば飲むヨーグルトの出来上がり。これなら、忙しい朝でも手軽においしく取り入れることができそうです。

1日摂取の目安量とは?

市販されているLG21菌入りのヨーグルト1カップには、1日に必要な量のLG21菌が充分に含まれています。まずは無理せず1日1カップからはじめてみてはいかがでしょう。そのうち飽きてきたら、デザートや飲むヨーグルトにアレンジしたり、シリアルに加えたりして工夫してみては?美味しくいただくことで、毎日無理なく摂取し続けることができますよ。

LG21菌を無理なく毎日取り入れて 元気で明るい生活を

腸の活動を活発にし、疲労回復や冷え性などにも効果が期待できるLG21菌。ただ、一気に取り入れても急に体調が良くなることはありません。大切なのは、無理なく毎日取り入れ続けること。特にいつもお腹の調子が悪い方や、消化が悪いと感じる方、便秘気味でお肌の調子が良くない方にはおすすめ。毎日の生活に取り入れることで、確実に体調の改善を目指すことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加