中国野菜のチンゲンサイは、美肌や老化防止、むくみ解消にも良い食材です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

28_チンゲンサイ_re

高血圧や骨粗しょう症対策にもおすすめ。チンゲンサイの優れた栄養素

さっぱりとして食べやすいチンゲンサイは、煮物や炒め物、スープなどさまざまな料理に使われています。煮ても型崩れがしにくく調理しやすいことも魅力であり、また加熱しても栄養分が逃げにくい野菜です。お肌にも良く、血圧を下げたり血管を若返らせるなど健康にも多くの効果がある食材なので、積極的に毎日の料理に取り入れると良いでしょう。

カリウム:むくみの解消、ナトリウムの排泄、血圧の抑制、筋肉機能の活性化

チンゲンサイに含まれるカリウムは、体内の余分なナトリウムを外へ出す作用があります。塩分を排泄するので血圧の上昇を防ぐことができ、高血圧の人におすすめの成分といえるでしょう。またカリウムは、筋肉の動きを活性化する働きもあり、運動する際にも摂取したい成分です。そのほかにもむくみを解消する働きもあります。

ビタミンE:抗酸化作用、ホルモンバランスの調節

チンゲンサイに含まれるビタミンEは、抗酸化作用が強い成分です。体内の活性化酸素を除去する働きがあり、血管やお肌の若返りに良いとされています。またビタミンEは、生殖機能の活性化やホルモンバランスの調節にも役立ちます。女性の場合は更年期障害や生理痛の緩和、男性の場合には精力アップにもつながる成分です。

ビタミンC:コラーゲンの生成、免疫力向上、美白効果

チンゲンサイにはビタミンCが含まれています。ビタミンCはお肌の保湿成分であるコラーゲンを生成すると共に、メラニン色素の発生を抑えて美白効果もあります。美肌のために欠かせない成分といえるでしょう。またビタミンCは免疫力を向上させる働きがあるので、風邪の予防対策としても積極的に取り入れたい成分です。

カロテン:抗酸化作用、目の網膜の活性化、肌や粘膜の保護、美肌

チンゲンサイに含まれるカロテンは、体内で必要に応じてビタミンAに変わる成分です。抗酸化作用が強く、お肌や血管の老化を防ぐ働きがあり、老化による肌トラブルも防ぐので美肌にも良い成分であるといえるでしょう。また肌や粘膜に潤いを与えたり、目の網膜機能を活性化させる作用もあります。眼精疲労や夜盲症の予防にもなります。油と一緒に摂取することで、より栄養成分の吸収率が高まります。

カルシウム:歯や骨の強化、精神の安定

チンゲンサイにはカルシウムが含まれています。カルシウムは歯や骨を丈夫にして健やかに保つために大切な成分です。年を取ると骨の密度が減ってしまい骨折しやすくなりますが、カルシウムを摂取することで骨粗しょう症の予防にもなるでしょう。またイライラしがちな人はカルシウムがおすすめです。カルシウムは神経に作用して、イライラやストレスを緩和する働きもあるのです。

チンゲンサイを使った主な料理

中国野菜であるチンゲンサイは、中華料理に特によく使われる野菜でしょう。ハ宝菜やチャーハン、丼ものなどにも使われます。またスープや鍋料理に入れたり、クリーム煮などの煮込み料理にも適した野菜です。おひたしにして食べることもあるでしょう。炒め物をはじめ、和え物、煮物といろいろな調理法で美味しく食べることができる食材です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加