ミネラルやビタミンが豊富な南国フルーツ’チェリモヤ’は美肌の味方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

147_チェリモヤ_re

風邪や高血圧予防に有効な栄養素が豊富!チェリモヤで免疫力アップ

南米が原産のチェリモヤは、爽やかな甘さと、カスタードのようなクリーミーな食感で「森のアイスクリーム」とも言い表されるトロピカルフルーツです。ビタミンCやカリウムをはじめとするビタミンやミネラルなどが豊富に含まれた栄養価の高い健康フルーツで、美肌効果はもちろん、風邪予防や貧血、生活習慣病の予防にも効果が期待できます。

葉酸:貧血予防、口内炎予防

チェリモヤなどの果物や野菜類に多く含まれる葉酸は、ビタミンB12と協力して赤血球をつくり出す働きをします。一定のサイクルで生まれ変わる赤血球は、葉酸が不足すると正常な赤血球がつくれないため貧血の症状が出てしまいます。また、葉酸はたんぱく質や細胞の新生に必要な核酸のDNAやRNAの合成に関与していますので、胎児が発育する妊娠中や授乳中には必要不可欠な栄養素です。

カリウム:高血圧予防、むくみ解消

カリウムは血圧コントロールに深く関わりのある栄養素です。細胞内液にあるカリウムより細胞外液にあるナトリウム量が多くなると、浸透圧によって膨らんだ細胞に血管が圧迫されて血圧が上昇します。高血圧を予防するためには塩分の過剰摂取を控えることはもちろん、カリウムの減少を防いで細胞内外の浸透圧のバランスを保つことが必要ですので、カリウムを多く含むチェリモヤなどの果物や野菜、海藻などを積極的に摂取しましょう。

ビタミンB6:肌荒れ・口内炎予防、タンパク質の代謝

チェリモヤなどの果物にも含まれるビタミンB6は、体内でのタンパク質代謝の中心的な役割があり、脂肪の代謝をスムーズにする働きもします。また、神経伝達物質の生成にも欠かすことのできない成分ですので、不足すると神経の働きをよくするアミノ酸の代謝が滞るため、不眠症やウツの症状が現われることがあります。皮膚や粘膜の健康にも不可欠な栄養素で、不足すると肌荒れや口内炎、結膜炎なども起こしやすくなります。

ビタミンC:シミ予防、風邪予防

チェリモヤなど果物や野菜に多く含まれるビタミンCは、強い還元作用がありますので、メラニン色素が生成されるのを防ぐ効果があります。また、強い抗酸化作用で動脈硬化などの生活習慣病を予防し、免疫力もアップさせウイルスなどの感染症を予防します。皮膚や血管を健康に保つ効果のあるコラーゲンの生成に不可欠な成分であり、老化防止にも有効な栄養素です。

ナイアシン:血行促進、皮膚を健康に保つ

レバーなどの動物性食品からチェリモヤなどの植物性食品まで幅広く含まれるナイアシンは、糖質・脂質・タンパク質をエネルギーに変える補酵素として不可欠な成分で、血行を改善して、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。また、脂質の代謝を促進するほか、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解もしますので、二日酔い防止にも有効な成分です。

チェリモヤを使った主な料理

世界三大果物のひとつであるチェリモヤは、緑色の果皮が薄い茶色を帯びてきて、甘い香りを放つようになったら食べごろです。未熟なうちは青臭いのですが、熟すとバニラのような甘さが魅力です。食べ方としては、半分に切ってそのままスプーンですくって食べるのが一番おすすめですが、冷凍するとアイスクリームの味わいそのものになります。スムージーやケーキ、色々な果実と一緒にカクテルにするのもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加