食べ過ぎ注意!にんにくの危険性をまとめました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

68_ヨーグルト_re

にんにくは食べ過ぎると良くない?

にんにくの栄養価や健康効果は誰もが知っていることでしょう。しかし、食べ過ぎは思わぬ不調を招くことがあるようです。子供の頃からにんにくに慣れ親しんで、食べ方も体得している中国や韓国の人々ならいざ知らず、大人になってからその美味しさに目覚めた人は食べ過ぎに注意が必要なのです。

どのくらいの量までなら安全?

1日あたりのにんにくの摂取可能量は皆さんが思っているよりも少ないかもしれません。生にんにくの場合は1片、熱を加えたにんにくの場合でも3片までとされています。またお子さんの場合は、刺激を考慮してその半分までとしたほうが安心です。

それを知らずに食べ過ぎてしまうと

にんにく料理を食べていると、1日あたりの摂取可能量など忘れて食べ過ぎてしまうこともあるのでは。その場合、下痢や胃腸の荒れ、お腹のむかつきといった症状が出る場合があります。にんにくは強い殺菌作用を持っており、腸内の悪玉菌を低減するという働きがありますが、食べ過ぎによって殺菌作用が高まりすぎれば、善玉菌まで低減するおそれがあります。このため食べ過ぎによってお腹が緩むことがあります。

にんにくを食べる時は牛乳やヨーグルトで胃腸を保護

もしにんにくを食べ過ぎた場合には、ヨーグルトを食べると良いでしょう。ヨーグルトによって善玉菌を取り入れられるため、善玉菌の低減を防ぐことができます。また、一番大切なのは、空きっ腹にいきなりにんにくを食べないようにすることです。牛乳やヨーグルトなどの乳製品を摂ると胃や腸の壁を保護し胃腸の荒れを防ぐことができますし、牛乳ならニオイ消しにもなります。

にんにくの食べ過ぎで発熱する場合も

にんにくの食べ過ぎで生じるおそれのある症状として、発熱はあまり挙げられていません。ですが中には、にんにくを食べ過ぎた後に発熱などで体調が悪化したという方もいるようです。食べ過ぎによって肝機能障害を起こすことがあり、これが発熱の原因とされています。また、少量なら問題がなくても、大量に摂ると一時的なアレルギーとなり、発熱する場合があります。ですから、くれぐれも食べ過ぎに注意しましょう。

血液がサラサラになり過ぎるのも危険

にんにくには、血栓ができるのを防いで血液をサラサラな状態へと導く効果がありますが、これが思わぬ症状を引き起こすことがあります。たとえばケガをした時、普通であれば血栓ができてその部位を止血します。ところがにんにくの血栓抑制作用が働くと止血できず、出血が止まらなくなる場合があるのです。

また、血管が弱っている部位があると、血流が良くなることによってその部分が刺激され、血管が切れてしまう場合もあります。鼻血や歯茎からの出血程度なら問題はありませんが、脳や心臓の血管が弱っていた場合は命に関わって来ますから、高血圧や動脈硬化など血管に問題を抱えている人は、特に食べる量に注意して下さい。

このように、にんにくの食べ過ぎによって色々な危険な症状が出ることがあります。個人差はあると思いますが、にんにくの食べ過ぎには十分に気を配って下さい。特に薬味として生にんにくを食べる際は、国産のにんにくを使えばほんの少量であの刺激を味わえます。生で食べるなら国産を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加