胃腸を守ってくれる効果は絶大!キャベツに含まれる栄養成分がスゴイ理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

139_キャベツ_re

毎日の食事に欠かせないほどの人気野菜

キャベツというと、日常的に料理に使用しているイメージが大きいですよね。日本人には馴染みが深い野菜で、さまざまな料理に毎日のように使われています。実は、このキャベツの歴史は古く、胃腸の働きに効果がある薬草的な働きで昔の人にも利用されていました。そんな薬草としての効果が高いキャベツは、栄養素が豊富で毎日でも食べておきたいほどの健康効果をもたらしてくれる優秀な食材と言えます。

キャベツは生で食べてももちろんOKですが、漬物としても多くの日本人に愛され続けています。また、スープの中に入れても美味しいですし、野菜炒めの具としても調理しやすいですね。肉料理の付け合せとしても良く見かけますよね。そんな人気のキャベツの効能についてご紹介していきます。

胃腸の健康に効果が抜群!キャベジンという栄養素の働き

キャベジンというと多くの人は胃腸薬をイメージするかもしれませんが、実は栄養素の名前なんです。別名はビタミンUで、胃腸の健康に大きく役立ちます。キャベツのビタミンUは荒れた胃の粘膜を優しく守ってくれますから、暴飲暴食で胃を傷めてしまった方には効果が大きい野菜と言えますね。

「ついつい肉を食べ過ぎた」「油っこい食事が続いた」という方は、胃腸にも負担がかかっているのでキャベツの「キャベジン」という栄養素の力を借りて胃腸を保護しておくといいかもしれません。

若い肌を目指したい!アンチエイジングにも効果アリ

女性にとって若く見られたいというのは永遠の願いですよね。少しでも美しくいたいので「美容」という言葉には敏感な方が多いのではないでしょうか。そこでキャベツのアンチエイジング効果に注目しましょう。キャベツの中には美容成分として有名なビタミンCがとても豊富なのです。たった100g食べるだけで1日の理想摂取量の4割程度は摂ることができるんです。

キャベツの葉っぱ2枚枚程度食べるだけで、これだけのビタミンCが確保できるなんて嬉しい魅力ですね。肌を若々しく保つと同時に、内臓や血管の若さにも役立ちます。アンチエイジング効果にはキャベツは最適な野菜なのです。

消化作用のサポートをしてくれる

キャベツの中にはジアスターゼと言う消化をサポートしてくれる栄養素が入っています。これにより、胃酸が出過ぎるのを防いでくれるので、胸やけ防止にも繋がるんですね。胃腸の健康と胸やけ防止に効果があるキャベツなら、毎日の食事をも美味しく感じさせてくれることでしょう。

骨を強くするビタミンKの効果にも期待

ビタミンKは骨を形成する時にも働きが大きい成分です。特に骨粗しょう症の心配が大きい、年配の方にも摂取して欲しい成分と言えます。

またビタミンKは骨を丈夫にする働きと同時に、止血効果がある成分とされています。そのため、血液を凝固する薬を服用している人は過剰に摂取するのもあまりよくありません。他の食品にもビタミンKは入っているので、薬を服用中の人は担当医師と相談の上、食事を管理していくといいかもしれませんね。

バストがアップするってホント?!

キャベツを食べてバストアップに繋がるなんて、女性にはとても注目したいところです。実は、キャベツに含まれているボロンというミネラルの働きが大きいのです。このボロンがエストロゲンという女性ホルモンの分泌をよくしてくれるんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加