ブルーベリーと鮭は目の疲れ回復の強い見方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鮭_re

愛知県名古屋市に住む、独身で個人事業主をする33歳の男性。一人暮らしで、パソコンを使う仕事が多く、プライベートではスマートフォンを使う機会が多い。視力はあまりよくなく、私生活上は大きな問題もないが自動車の運転時は眼鏡を着用する。

目の疲れに悩まされるようになった

仕事でパソコンを使う関係で、1日に8時間近く作業することも多いので、最近は疲目の疲れに悩まされるようになってきた。

視力の低下は今のところないものの、元からさほど視力はよくないこと、30歳を過ぎてから目の疲れをより感じやすくなって、年齢的なことも心配するようになり、これ以上の視力低下にならないか不安を感じるようになっている。適度に休憩を入れるなど工夫はしており、食事についても目によいものを食べるように心がけるようになった。

目の疲れによいので、ブルーベリーと鮭を積極的に

目にはブルーベリーがよいということなのでブルーベリーを毎朝、6粒ほど食べるようになった。ブルーベリーはヨーグルトに混ぜて食べるとおいしく食べることができる。

また、鮭も目によい成分があるようなので、なるべく鮭を調理して食べるようにしている。基本的に手軽な焼き鮭にすることも多いが、生鮭以外にも鮭フレークを白米と一緒に食べるなど、食べる頻度を高くするように生鮭にこだわらずに鮭の加工食品を試しながら積極的に食べるようにしている。

ブルーベリーと鮭は目の疲れ回復の効果を感じる

ブルーベリーに含まれるポリフェノールの一種のアントシアニンは、目の機能や眼精疲労を回復させる成分だと知人の栄養管理士から聞いたので、積極的に摂取するようにしている。

鮭に含まれるアスタキサンチンは、目のピント調節機能を改善する作用があると聞いたので、同じく摂取するようにしている。アントシアニンとアスタキサンチンの組み合わせはかなりの効果があるのか、実感ができるほどに目の疲れが少し軽減されるようになった。

便利さならサプリメント、コストなら食材

ブルーベリーも鮭も、食材として生食用でそれなりに安価で手に入れやすいので、毎日続けるにもコスト面ではあまり気にならない。ただし、すぐに消費してしまうのと鮭だと調理も必要なので、手間はややかかる。

一方で、手間をかける面倒はないかなと思い、ブルーベリーやアスタキサンチンのサプリメントも試したが、飲みやすくて便利だった。ただし、食材として買うよりはやはり多少値段が張るので、コスト面での問題はある。サプリメントも食材も一長一短だが、自分の生活スタイルに合わせてどちらにするか選べることができるのはよい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加