目にいいだけじゃない!ブルーベリーは血圧の悩みも解決できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

115_ポジティブ_re

地方都市で一人暮らしをしている大学生です。勉強で忙しく、毎回の食事を自分で作る暇もなく外食、もしくは出来合いの弁当が週の食事のほぼ半分以上を占めています。生活も不規則で、食べる時間も日によって大きく違います。

高血圧、そして腎機能の低下へ

大学に入ってから一年後の健康診断をうけたところ、検査にて尿蛋白が高い値であることを指摘されました。病院で精密な検査を受けたところ、腎機能の低下を指摘されました。他にも潜血がみられたりなど、検査結果はあまりよいものではありませんでした。病院の先生に何が原因なのか聞いたところ、高血圧のせいではないかと話をされました。確かに私は最高血圧、最低血圧ともに高く、腎臓に大きな負担をかけていたのだと気づきました。

ブルーベリーを毎日食べる

高血圧に効くといわれている食材は数多く存在します。ブルーベリーが血圧を下げる効果があると聞き、もともとブルーベリーが好きだった私はブルーベリーを1日1カップずつ食べることにしました。特に食べる時間は決めていないのですが、食べれる日は毎日かかさず食べるように心がけました。しかし、いくら好きとはいえ、毎日では飽きることもあったため、ヨーグルトに混ぜて食べたり、ケーキにまぜてみたりバリエーションを加えながら食べました。

ブルーベリーのアントシアニンの効果

ブルーベリーにはアントシアニンが豊富に含まれています。アントシアニンは目の働きを高めたり、目の疲労を和らげることが知られています。また、血管を拡張して、血圧が下がる効果があるといいます。アントシアニンは紫色の食材に多く含まれているというため、ブルーベリー以外にもナスやぶどうなどを積極的に買って食べるようになりました。アントシアニンには他にも抗酸化作用による、心臓の過度な負荷からの保護作用があるといいます。

毎日食べるのはコストがかかる

この生活を続けるほど二ヶ月ほどして、毎朝の血圧測定が下がっているのことが実感出来ました。平均して145mmhgだった私の血圧が135mmhgまで落ちてきたのです。しかしこの成果に喜ぶ一方も、毎日の食卓に、アントシアニンが含まれる食材が並ぶようにすることはとても大変です。なにより私は学生でお金がないため、金銭的な負担も大きかったです。そこでわかさ生活のブルーベリーアイを今では食べ続けています。これならコストも掛からずに毎日食べ続けることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加