ブラックタイガーを食すれば悩みはあっというまに消えてしまう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

137_ブラックタイガー_re

ブラックタイガーの栄養素は人に必須なものばかり

ブラックタイガーはその小さな体のなかにたくさんの栄養を含んでいます。たんぱく質はいうに及ばす、ビタミンEや亜鉛・カリウム・レチノールなどなどです。これらは人体に大切な役割の果たし、美肌や不眠を改善・アンチエイジングから便秘・高血圧も予防して治してくれます。普段気にせず食卓にのせているとしても、改めてその効果をしって実感してください。

カルシウム:人体の2パーセント

カルシウムは人体を支える骨や歯を構成している成分で、99パーセントが貯蔵カルシウムといわれる骨や歯に使われ、残りは筋肉にまわされ機能カルシウムといいます。神経の興奮を抑えたり細胞の機能調整をして血圧上昇を防いだりと私たちの体を正常に保つよう作用してくれます。ブラックタイガーを食すれば知らず知らずに丈夫な体を作れます。

キチン:血液がさらさら

ブラックタイガーの殻に含まれるキチンは不溶性の食物繊維で便秘の予防や改善に役立ちます。また不溶性なのでコレステロールを排出してくれるので、血管内を健康にしておくことができます。さらに、腸内有用細菌を増殖させて免疫力を高めたり、抗アレルギーの効果があらわれます。季節の変わり目などに起こり易い自律神経を調節することもできます。

セレン:アンチエイジングに効果あり

ブラックタイガーには非常に多くのセレンが含まれ、同じように含まれるビタミンEと共に血液の流れを良くする作用があります。また酸化した脂肪酸を分解して、体の老化を食いとめるとても強力な抗酸化作用があります。このほか有害物質である水銀やカドミウム・放射線などの毒性を弱める効果があります。

レチノール:美肌になるならこれ

ブラックタイガーのレチノール(ビタミンA)は皮膚の表面に潤いを与えて、しみやしわ・そばかす・にきびの改善に効果があります。また潤いを与える効果で眼の小さな筋肉である毛様筋の疲れを取り水晶体の厚さをコントロールして入る光の商店を合わせ、視力を改善させてくれます。目が乾いていると感じる方にも良い成分です。

シアノコバラミン:脳を若返らせる

ブラックタイガーのシアノコバラミン(ビタミンB12)は、赤血球の生成に不可欠の成分です。脳と神経のビタミンと呼ばれ、動脈硬化の原因であるホモシステンや活性酸素を除去します。壊れた細胞を修復して、新しい細胞を作り出す役目を担っており、脳の血管などを修復して血流を良くしてくれます。免疫機能を正常に保つ役割もあります。

ブラックタイガーを使った主な料理

ブラックタイガーは子供から大人までお好きな方が多いと思います。天ぷらやエビチリ・レンコンなどと潰してしんじょにしても美味です。クリーム煮なら野菜とともに摂れますし、カレーも彩りが良なります。サラダであればゆでるだけてさっぱりと頂けますし、串に刺してフライにしたり炭で焼くのも香りが良いのを味わえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加