グルコシド型ビタミンCで肌をもちもちにしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

98_美肌_re

グルコシド型ビタミンCってしっていますか

ビタミンCにはグルコシド型とリン酸型とがあります。

グルコシド型ビタミンCはLアスコルビン酸2グルコシドと呼ばれており、ビタミンCの酸素と結合しやすい部分にブドウ糖を結合させて安定させたもので、持続型ビタミンCとして化粧品や食品添加物として利用されています。熱、光、空気、水に触れても壊れにくいのが特徴です。

グルコシド型ビタミンCはビタミンC誘導体として利用されています

グルコシド型ビタミンCは常温で長期保存ができることから、ビタミンC誘導体として安定して利用できます。

角質層で徐々に分解されて作用するため、肌に長時間とどまることができ、刺激性も少ないため、コスメとして利用されています。肌内部の酵素と結合してビタミンCとなり、活性酸素を防ぎ、肌の奥へと浸透していくことができるのです。

肌がふっくらもちもちしてきます

肌表面の細胞間脂質は水分と脂質で構成されていますが、グルコシド型ビタミンCなら脂にも水分にも浸透しやすいため、肌のバリア効果にもつながり、肌細胞の保湿もできます。

そのため長時間利用しているだけで肌がしっとりもちもちになってきますし、シミそばかすを防いでくれる上、肌を白く美しくしてくれます。

グルコシド型ビタミンCならビタミン剤を利用して摂取できます

グルコシド型ビタミンCはビタミンそのままの成分では酸化しやすく、保存も効かないという欠点を補てんするために開発された成分です。

そのため、サプリや食品添加物として利用されており、栄養補助食品として水分と一緒に摂取することで一般の食品でビタミンCを摂取するよりも効率的にビタミン、ミネラルを補給できるとして人気となっています。

食べるコスメとしても人気です

グルコシド型ビタミンCをサプリやドリンクとして常用するだけで肌の美白効果がみられるだけでなく、抗酸化作用のために代謝がアップして体の内側から健康になっていきます。

美肌やダイエット用品として発売されており、体内にビタミンをしっかり吸収させることができるので酸化防止、熱や胃酸で壊れにくいという特徴があります。

グルコシド型ビタミンCの1日の摂取量とは

グルコシド型ビタミンCの1日の摂取量としては大人で500ミリグラムとされています。

果物や野菜でビタミンCを補給しようとしても体内で吸収される前に、消化されたり破壊されたりしてしまううえ、体外にすぐに排出されてしまうため、サプリや栄養補助食品として摂取すれば安定して栄養素を摂取できるようになります。

グルコシド型ビタミンCならコラーゲンも再生してくれます

グルコシド型ビタミンCを摂取することで、美肌、ダイエットの効果も見られますが、コレステロールを減少してくれたり、コラーゲンの生成を促進してくれたり、タンパク質の再生を促進してくれるため、アンチエイジングにも効果がみられます。

取りすぎても体外に排出されますので安心ですし、積極的に摂取するのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加