アルコール好きの人必見!ツナ缶の中身『びんながまぐろ』で二日酔い知らず!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

185_びんなが_re

皆さんにおなじみのツナ缶。あっさりとしていながらも、旨みの強いその味わいは、どんな料理でもより一層美味しく変えてくれますよね。そのツナ缶の原料になっているのが、『びんながまぐろ』です。まぐろとしては小ぶりで、リーズナブルな値段で手に入るのが特徴。通常のマグロに比べると身の色が白く、一目見ただけではマグロだと気付かないことも。ただ他のマグロに負けずとも劣らない、豊富な栄養素を含んでいます。

今日こそ飲むぞ!の前に摂りたい『タウリン』

胆汁酸の分泌を促す『タウリン』。このタウリンが、びんながには豊富に含まれています。タウリンの摂取により胆汁酸の分泌が増えると、血液中のコレステロールが低下。動脈硬化などのリスクを抑えられることも分かっています。また、肝臓内の脂肪を排出させるのも、タウリンのはたらき。脂肪肝を防ぐうえ、肝機能を高めるタウリンは、アルコールを頻繁に飲む方にはぜひ摂取して欲しい成分です。

『カリウム』で高血圧を優しく改善

体内のナトリウム量(塩分量)を適正に保つ成分『カリウム』も、びんながには含まれています。とりすぎた塩分は、カリウムによって排出されるので、むくみ解消にも効果的。さらに自然の降圧薬と呼ばれるほど、高血圧改善の効果も期待できます。また、筋肉の動きをスムーズにするカリウムは、突然の“こむら返り”で悩む人にはぜひ摂ってほしい成分。寝ている間のあの痛みを解消することができますよ。

うま味成分『グルタミン酸』で脳機能向上!?

アミノ酸の一種『グルタミン酸』もびんながに含まれている成分です。うま味成分としてとても有名なグルタミン酸ですが、脳への良い影響も。例えば、脳にダメージを与える“アンモニア”と結合し、無毒化するのもグルタミンの役割。またグルタミン酸は体の中で、神経伝達物質へと変化し、脳の働きを活性化させます。つまり、認知症予防や記憶力向上にも効果が期待できる成分なのです。

『ナイアシン』でアルコールをスッキリ分解!

飲み過ぎた次の日、辛い経験をしたことがありませんか?私たちの体はアルコールを摂取すると、血液によってその成分は肝臓へ運ばれます。適量の摂取であれば、アルコールが上手く分解され、次の日にはスッキリと過ごせるのですが、飲み過ぎた場合には、そうはいきません。というのも、肝臓にあるアルコール分解酵素は限られているためです。このアルコールを分解する時に必要とされるのが、びんながにも含まれている『ナイアシン』という成分。

例えば、お酒を大量に飲めば飲むほど、ナイアシンは大量に消費されます。もしナイアシンが不足すると、アルコールが分解されず、二日酔いの頭痛や吐き気のもと“アセトアルデヒド”が体内に残ってしまうのです。

リーズナブルなまぐろ『びんなが』

“びんちょうまぐろ”とも呼ばれる“びんなが”は、とても手頃な値段のマグロです。そのままお刺身で食べるのはもちろん、醤油漬けなどにするのもおすすめ。また、竜田揚げやマリネなどに調理すれば、旨みも増します。サッパリとした味わいなので、いろんな調理に摂り入れてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加