カリフラワーは体の内側から健康的にしてくれる優秀な野菜だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カリフラワー_re

栄養満点なカリフラワーは健康的になれる食材

カリフラワーの特徴というと、綺麗な白い色。実は、カリフラワーは「花キャベツ」とも言われているのです。カリフラワーというと茹でて食べるのが一般的ですよね。シチューやグラタン、肉料理の付け合せとしても大活躍で洋食のイメージが大きいですが、和食、中華でも何でもアレンジ可能な優秀食材で食べやすいのが魅力ですね。

美容成分だけでなく健康効果をもたらす成分が入っていますから、美容と健康の両面が気になる人にもおすすめです。

ビタミンCが入っているから美肌が期待できる

肌の美しさを保つにはコラーゲンが欠かせませんよね。でも、何らかの原因でコラーゲンが不足した肌は、しわやしみなどの老化が進んでしまいます。「ハリのない肌」と言われるような肌は、コラーゲンが不足しているので、そのままの状態ではどんどん肌の老化が進んでしまいます。

そこで、ビタミンCを摂取してコラーゲンを補ってあげることが大事です。また、ビタミンCというとメラニン色素を抑制する働きも期待できます。シミを作らない美しい肌には、カリフラワーのビタミンCに注目したいところですね。また、一般的にはカリフラワーを食べるなら成分をそのままにして食べることができる「生食」が理想です。実は、カリフラワーなら生で食べても栄養分が失われないのでおすすめですよ。

免疫をアップするイソチオシアネートで病気の予防ができる

イソチオシアネートという栄養素はあまり聞き慣れないという方も多いでしょう。カリフラワーに含まれているこの成分は、免疫機能をアップする効果があります。「病気になりやすくなったな」「疲れやすくなったな」という免疫ダウンを感じた方には是非摂取してほしい成分なのです。

免疫が高まることにプラスして、異常細胞を抑えてくれる働きもあるので生活習慣病の予防にも役立つイソチオシアネートですから、たくさんの人の健康をサポートしてくれることが期待できそうですね。

高血圧予防に効果的なカリウムが含まれている

カリフラワーに入っているカリウムは、人間には欠かせない大切な栄養素。体の中にある塩分を調節してくれる働きがあるため、カリウム不足になると「むくみ」に悩む方が多いんです。塩分が過多となってくると高血圧症状を引き起こし、さまざまな病気のリスクをあげてしまうので、カリウムは積極的に摂取しておきたい成分と言えますね。

抗酸化作用にはメチルアリルトリスルフィド

メチルアリルトリスルフィドと聞いても、なかなかピンとくる方は少ないでしょう。このメチルアリルトリスルフィドという成分は、血小板の正常な働きを誘ってくれるものなので、血栓が原因で発症してしまう「脳卒中」や「心筋梗塞」のもとになる動脈硬化を防いでくれるものです。あまり聞き慣れない成分ではありますが、カリフラワーをはじめアブラナ科の野菜に豊富に入っていて注目したいところですね。

また、抗酸化作用も期待できます。体の酸化によって肌荒れや内臓機能の低下を引き起こしてしまうため、老化が早まってしまうのが活性酸素。この活性酸素を抑えてくれるのがメチルアリルトリスルフィドと言えそうです。

そしてカリフラワーに含まれている成分でもうひとつ注目したいのが、グルコシノレートというイオン化合物です。これは肝臓働きを強めてくれて解毒作用をアップしたい時に効果的です。体の臓器の中でも肝臓は大事なものですから、グルコシノレートの作用で働きを強化しておきたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加