軟骨の再生から美肌効果まで!?グルコサミンの脅威の力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

215_軟骨_re

軟骨の再生から美肌効果まで!?グルコサミンって凄い!

テレビCMや薬局でもよく見かけるグルコサミンという成分、名前だけならご存知な方も多いかと思います。老化などから起こる関節の痛みによく効くとされており、高齢者層を中心に大変重宝されています。

しかし、この成分がもたらしてくれる効能はそれだけではありません。では一体他にどのような効能があるのでしょうか。お話していきたいと思います。

すり減っても大丈夫?グルコサミンによる軟骨の再生とは

関節の中には軟骨があり、関節痛の原因はこの軟骨が変形したりすり減ったりすることで起きます。グルコサミンは、そんなダメージを受けている軟骨の再生を促進する効果があります。

人は本来自ら軟骨を再生する力を持っていますが、加齢と共にそれが衰え追いつかなくなります。それをカバーするのがこの成分というわけです。痛みをただ緩和するのではなく元となる軟骨にまで効果を与える、とてつもなく優れた成分であると言えます。

グルコサミンが肌の潤いを与える!?

グルコサミンはヒアルロン酸を体内で作る働きを促進して、肌の状態にも影響を与えると言われています。美しい肌には水分が必要不可欠ですよね。肌にとってその水分の役割を担う成分がヒアルロン酸です。

つまりそれを生成することで肌が潤いを得て、美しく若々しくいられるようになるのです。まさかこんな効能もあるとは、女性の方は特に要チェックですね。

山芋を食べてコンドロイチンも一緒に摂取しよう!

関節痛に悩まされている方は、山芋を強くオススメします。グルコサミンを豊富に含むだけではなく、同じく関節痛に効くとされるコンドロイチンの成分も多く含むからです。山芋はまさに関節痛対策としてうってつけの食品です。

また、オクラや納豆といった食品にも多く含まれていますので、ネバネバした食品としてひとくくりに覚えておくと便利でしょう。

鶏の軟骨や皮にもグルコサミンが!

鶏の軟骨や皮も、グルコサミンが含まれています。居酒屋に行く方には馴染みのあるメニューだと思いますが、家庭でも比較的安く用意でき食べやすいかと思います。

他にもうなぎやフカヒレにも含まれているのですが、価格や希少価値を考えると現実的ではないですね。手軽さも踏まえて、鶏の軟骨や皮をオススメします。

食品だけでは無理?1日平均1500mgが目安

食品の含有量だけでグルコサミン1500mgに達するためにはよほど多くの量を食べる必要があり、目安をクリアするのは非常に厳しいです。食事からの摂取だけで達成を望む方もいるかと思いますが、カロリーなどを考えても健康的ではありません。

特に既に関節痛の症状が出ている方には、効果の実感が食品では間に合わない可能性が高いです。やはりサプリメントの力を借りるべきでしょう。

痛みを我慢しないで、グルコサミンを摂取しよう!

グルコサミンが持つ魅力はご理解いただけましたか?関節痛に対する効果はある程度認知されていたかと思いますが、美肌効果があったことは本当に驚きですよね。ですが若い頃からの摂取は逆効果ですのでご注意くださいね。

関節の痛みに悩まされている方、あるいはまだ痛みなど感じないものの年齢的なことから不安だという方、ぜひこの成分を試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加